ファッション

エースホテル京都が「トモ コイズミ」の世界観を表現した初のアフタヌーンティー

 今年6月に開業1周年を迎えたエースホテル京都は、「トモ コイズミ(TOMO KOIZUMI)」の世界観を表現した完全予約制のアフタヌーンティーを1日15組30人限定で9月5日までの期間中、毎週木曜から日曜日および祝日に提供する。

 エースホテルとして初のアフタヌーンティーで、同ホテルのコンセプト“East Meets West”の要素に加え、装飾には「トモ コイズミ」を象徴するフリルをあしらった。屋上庭園を臨むことができるホテル3階のプライベートスペースで、京都の食材などを使用してカラフルに仕上げたスイーツやセイボリー、紅茶や緑茶のティーモクテルを用意する。

 スイーツは、白餡と洋梨ゼリーやアマレットのマカロンをはじめ、桃のタルトレット、白みそのチーズケーキ、京都産美山ミルクアイスとマンゴーコンポートにローズヒップの泡をのせたマンゴーパフェ、苺グレーズのスコーンを用意する。セイボリーは、京都五色あられを使ったフォアグラロリポップや、京壬生菜のシフォンケーキサンドウィッチ、トマトとバタフライピーのジュレなどを楽しむことができる。紅茶のフレーバーティーは、桃や赤い果実、マンゴー、味のアクセントとなるレモングラスなどを使用した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら