ファッション

デジタルプレゼン&日本でのランウエイはシステムからの脱却でさらに自由に【徹底解説・2022年春夏コレクションリポート】

有料会員限定記事

 デジタル・プレゼンテーションは、堰を切ったかのごとくリアルショーにカムバックしたニューヨークとミラノのブランドを中心に「ランウエイをライブ配信する」というシンプルな表現方法が主流となった。一方で各国のブランドが集うパリコレ、コラボプロジェクト「モンクレール ジーニアス(MONCLER GENIUS)」などは引き続き、さまざまな場所で撮影したムービーをデジタル配信。ミラノと上海でのランウエイを配信した「プラダ(PRADA)」、パリでのファッションショーの上映会を同じ時間にアブダビやソウル、日本などで催した「エルメス(HERMES)」、リアルショーの様子を架空のTV番組に組み込んで放映した「コーチ(COACH)」など、“コレクション発表のOMO”に挑戦したブランドもあった。

この続きを読むには…
残り1036⽂字, 画像10枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介