ビューティ
連載 ファッション業界人も知るべき今週のビューティ展望 第44回

クリーンビューティはSDGsビューティへと進化中

有料会員限定記事

 ビューティ・インサイトは、「WWDJAPAN.com」のニュースを起点に識者が業界の展望を語る。今週は、「クリーンビューティ」の進化にまつわる話。

【賢者が選んだ注目ニュース】
オーガニックコスメ「シゲタ」が丸紅と資本提携 アジア市場進出を推進
米国で熱戦を繰り広げる2大化粧品専門店、セフォラvsウルタ

 パンデミックを経て健康志向が高まる中、「クリーンビューティ」が好調だ。米国が発祥のクリーンビューティという言葉に厳格な定義はないが、この言葉が登場した2010年代初頭は、「肌や身体に有害な成分を排除した安心して使えるアイテム」という意味合いが強かった。

 グウィネス・パルトロウが08年にスタートした「グープ」は、「健康に有害な成分を含まない」独自の基準で化粧品や食品を扱うキュレーションショップとして成長。また、13年に当時主婦だったティファニー・マスターソンが、長年悩まされた肌トラブルを改善すべく立ちあげたのが「ドランク エレファント」だ。自身の肌トラブルの原因だった6つの成分(精油、アルコール、シリコーン、紫外線吸収剤、香料/色素、界面活性剤)を排除したブランドとして知られる。どちらも、「自然由来や天然だから肌に優しいわけではない」という考え方だ。

 背景には、米国のFDA(アメリカ食品医薬品局)による化粧品成分の規制がEUや日本に比べて緩く、パーソナルケア製品に関してEUでは1400項目の化学成分の使用を禁止しているものの、米国の規制はわずか30項目という状況もあった。最近ではそこにナチュラル、オーガニック、ビーガンといった要素をもって「クリーンビューティ」を掲げるD2Cブランドが増え、その定義が広がっている。

この続きを読むには…
残り1120⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

Z & ミレニアル世代を直撃 ジュエリー中心に広がるジェンダーニュートラルの波 

ここ数年でジュエリーを着用する若い男性が急増しました。「ミキモト(MIKIMOTO)」と「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」のコラボレーションのパールネックレスが登場したのが4年前。それをきっかけに、パールネックレス=女性のものという概念が崩れ、男性にも市民権を得ました。それが、さらに広がり、より多くの若い男性が日常的にジュエリーを楽しむようになりました。町中を見渡すと、…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。