ビューティ

オーガニックコスメ「シゲタ」が丸紅と資本提携 アジア市場進出を推進

 パリ発のオーガニックコスメ「シゲタ パリ(SHIGETA PARIS)」を手掛けるSHIGETAはこのほど、丸紅と資本提携を結んだ。日本とアジア市場でブランド認知と企業価値向上を図り、事業拡大を推進する。出資額は非公開。

 「シゲタ パリ」は日本人セラピストのチコ・シゲタ(CHICO SHIGETA)が2006年にパリで創設したクリーンビューティブランド。創業時から原材料はもちろんパッケージまで環境に配慮したモノ作りに徹するほか、体と肌、髪のために自然の法則に沿ったシンプルな独自のセルフ ケアメソッド「バイタリティー・コーチング®」を打ち出す。ソフィア・コッポラ(Sofia Coppola)やイザベル・アジャーニ(Isabelle Adjani)など世界各国の著名人の顧客も多い。「ビューティ業界では一定の知名度を持つが、一般の人たちへのブランド認知度は高くない。ブランドの伸びしろがあると感じているものの、自分たちの資金でできることは限られていた」(オリビエ・エマニュエル〈Emmanuel Olivier〉SHIGETA社長)ことから今回の提携に至った。まずは「丸紅が持つノウハウやネットワークを活かし、『シゲタ パリ』の特徴でもあるメソッドも含めてデジタルを中心に訴求を強める。野心的に事業拡大を目指す」という。

 一方、丸紅は新しいビジネスモデルの創出を図る次世代事業開発本部を2019年に立ち上げ、eスポーツやヘルスケア、フィンテック、教育などへの投資を進める。今回の資本提携はその一環で同開発本部がビューティブランドを扱うのは初めてとなる。「今後、クリーンビューティやウエルネスがスタンダードになってくるだろう。この分野の事業開発を進める中で、品質やフィロソフィーのある『シゲタ パリ』に出合った」と市村陽平丸紅次世代事業開発本部 新事業開発部 コンシューマー・ブランド事業 マネージャー。数年のうちに国内で一定の基盤を作り、シンガポールや韓国、香港など東南アジアへ進出する計画だ。

 スキンケアやボディー・ヘアケア、メイク、エッセンシャルオイルなどの製品作りは引き続き、SHIGETAが有するパリのラボで実施する。チコ・シゲタ「シゲタ パリ」主宰 ホリスティックビューティーコンサルタントは、「『シゲタ パリ』は環境にしわ寄せのこないモノ作りを貫き、多くの人に寄り添い、役立つ存在でありたいと誕生した。日々の不調や悩みに応える製品が、排水溝に流れた後のことも考え抜かれた原料を使用していたり、再生プラスチックをボトルにしていたりなど、地球環境を考慮した製品だった、と押し付けではなく伝えられたらいい。こうした思いが浸透すれば、消費者はもちろん生産者もよりクリーンビューティやサスティナブルに対する精度が高まるだろう」と述べた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。