ビューティ

情報の非対称性を埋めるための商売に注目【今週のビューティ 展望】

有料会員限定記事

 ビューティ・インサイトは、「WWDJAPAN」のニュースを起点に識者が業界の展望を語る。今週は、急成長する中国の美容医療市場と、美容師とユーザーを結ぶCtoCアプリの話。

【賢者が選んだ注目ニュース】
「顔面偏差値経済」で急成長する中国の美容医療市場
美容師とユーザーを結ぶCtoCマッチングアプリ「ヘアリー」誕生 美容師が独自に情報発信できる成果報酬型サービス

 中国ではいま、金融やゲームなどあらゆるジャンルのスタートアップベンチャー企業が増えている。起業10年以内で非上場にもかかわらず評価額が10億ドル(約1090億円)以上あるスタートアップ系ベンチャー企業のことを、神話に登場する幻獣になぞらえて“ユニコーン企業”と呼ぶが、かつてはTwitterやFacebook、日本ではメルカリもそうだった。そして近年は中国でもユニコーン企業になるほど勢いのある企業が多い。その中の一つが、2013年にローンチした美容整形情報アプリ「新(So Young)」を運営するソーヤング・インターナショナルだ。18年で約9000万ドル(98億1000万円)の収益があり、19年に米ナスダックで上場。インターネット美容医療プラットフォームでは初の上場だった。

 中国では美しい容姿に関する価値基準として若者を中心に「顔面偏差値」があるそうだが、それを高めるために、美容医療市場が急激に伸びているという。そもそも美容医療とは大きなくくりで言うと、肌や顔の造形に対する悩みを医療的技術によって改善する治療のこと。医療脱毛やニキビ・シミなどの肌悩みの改善から、鼻を高くする、目を大きくするといった、いわゆる整形も含まれる。

この続きを読むには…
残り1454⽂字, 画像0枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら