ビューティ

「顔面偏差値経済」で急成長する中国の美容医療市場

有料会員限定記事

 中国では美容医療市場が急拡大している。デロイト中国と中国・美団が発行した「中国 医療美容市場トレンド洞察レポート」によると、昨年は1975億元(約3兆3586億円)規模に達し、2023年には3115億元(約5兆2978億円)まで成長すると予測される。上海や北京など大都市を中心に、20〜35歳の女性による消費が盛んだ。肌管理や脱毛、ヒアルロン酸やボトックス注入などの“プチ整形”が人気施術の上位を占める。

 美容医療人気の背景には、若者の中で広まった「顔面偏差値」という価値基準がある。近年は芸能人やライブ配信者を筆頭に「顔面偏差値」が高いこと、つまり容姿が美しいことで収入を多く得て、社会的に成功することが増えた。その影響から一般人においても外見を重視する傾向が高まり、CBNデータセンターによると中国の大学生は59%が自身の外見に不安を抱えている。この価値基準は美容市場から美容医療まで、市場に大きな影響を与える。

 美容医療プラットフォームも成長しており、13年にローンチした「新氧(SoYoung)」は19年に米ナスダック(NASDAQ)で上場した。プラットフォームは医師やクリニックと患者を繋ぐだけでなく、症例の共有や口コミ投稿、カウンセリングから代金の分割払いまで、美容医療に関する一連の機能をそろえる。類似プラットフォームは「更美(Gengmei)」「悦美(Yuemei)」など多数登場している。

この続きを読むには…
残り1036⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら