ビューティ

美容師とユーザーを結ぶCtoCマッチングアプリ「ヘアリー」が誕生 美容師が独自に情報発信できる成果報酬型サービス

 美容師向けサービスを行うHairlieはこのほど、CtoCプラットフォームを提供するC2C PTE. LTD.と協働で、美容師とユーザーをつなぐウェブアプリ「ヘアリー(HAIRLIE)」のベータ版のサービスを開始した。気になるヘアカタログやスタイリストからサロンを検索でき、予約から支払いまで全てアプリ内で完結できるサービスとなる。またスタイリストが独自のページを作成できるため、各々が自由にヘアスタイルをPRし、集客につなげることが可能だ。

 既存の大手予約サイトは認知度も高く安心感がある一方、毎月の固定広告費や競合過多による安価な打ち出し価格、キャンセルリスクなどは小規模サロンからするとハイリスクだった。また大手サロンにおいてもサイトの運営や集客に関して店長へ業務が一極集中してしまっていた。こうした現状に着目し「ヘアリー」を開発した。

 「ヘアリー(HAIRLIE)」は従来の定額型サービスとは異なる小規模サロンにもうれしい成果報酬型。また事前決済システムのためキャンセルリスクを回避でき、店舗での手間も軽減することが可能だ。さらにユーザーにとっても、画像検索で見つけたヘアスタイルは該当スタイリストが担当するため、施術後のギャップが生まれにくいというメリットもある。

 Hairlieは、全国271店舗を有する美容室「オーブヘア(AUBE HAIR)」の副社長やアイラッシュサロン、エステサロン経営などの経験を持つ松田孝志Hairlie社長が2020年6月に設立。自身の美容師経験を元に「美容師の負荷を軽減させたい」という思いからサービスを展開する。今秋にはモバイル版のリリースも予定している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。