ファッション

故スティーブ・ジョブズ氏の娘がランウエイデビュー

 アップル(APPLE)創業者の故スティーブ・ジョブズ(Steve Jobs)氏の娘、イブ・ジョブス(Eve Jobs)がパリ・ファッション・ウイークでランウエイデビューを果たした。「コペルニ(COPERNI)」の2022年春夏コレクションに登場した。

 イブはネオングリーンの半袖タートルネックにネイビーのミニスカートを合わせた格好で登場。アクセサリーはサングラスとプラットフォームのビーチサンダル、アイフォンのカメラロールアプリのアイコンから着想を得た“折り紙”バッグを身につけた。ジジ・ハディット(Gigi Hadid)やパロマ・エルセッサー(Paloma Elsesser)、アドゥート・アケチ(Adu Akech)といったベテランモデルたちとともにランウエイを歩いた。ランウエイ後に自身のインスタグラムには、「言葉では言い表せないくらい素晴らしいコレクションでした。『コペルニ』のショーに参加できてとても光栄です」とコメントした。

 ジョブズ氏は1991年、アメリカの実業家で自身の会社を持つローレン・パウエル(Laurene Powell)氏と結婚。2011年に膵臓癌による合併症で亡くなるまで生活を共にした。末っ子のイブのほかにも、リード(Reed)とエリン(Erin)と、3人の子どもを持つ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら