ビューティ

「クロエ」から100%自然由来のビーガン香水 パワフルで洗練されたウッディーローズの香り

 「クロエ(CHLOE)」は10月20日、100%自然由来の新フレグランス“クロエ オードパルファム ナチュレル”を発売する。フレグランスは10mL(税込4290円)、30mL(同1万340円)、50mL(同1万4300円)、100mL(同2万20円)の4サイズで、10mLは数量限定で取り扱う。

 ピュアでシンプルなスタイルへの回帰を表現した“クロエ オードパルファム ナチュレル”は、100%自然由来のビーガンフレグランス。ネロリ、ローズ、シダーウッド、シトロンの原料は厳選された有機農場などからエシカルに調達し、アルコールや水も自然由来のものを配合。フィルターや人工着色料も不使用だ。

 また、アイコニックなガラスボトルは原料の25%、ボトルネックに結んだリボンのポリエステルは100%、外箱は40%をリサイクル素材を使用するなど、環境負荷の少ないパッケージを採用した。

 調香師のミシェル・アルメラック(Michel Almairac)が手掛けた新作は、ブルガリアの有機農場で栽培したブランドを象徴する花、バラをハートノートとして配合。メインとなるローズにネロリを加えたまろやかな香りが、シトロンとブラックカラントバッドのビビッドでさわやかな香りを引き立て、さらに、ソフトで晴れやかなミモザアブソリュートが心地良いフローラルスピリットとユニークなシダーウッドのベースノートへと調和していく香りに仕上げた。

 「クロエ」のフレグランスミューズを務める女優のルーシー・ボイントン(Lucy Boynton)が出演する新しいキャンペーンムービーのディレクションは、エレクトロミュージックデュオ「THE BLAZE」のジョナサン・アルリック(Jonathan Alric)が担当。ビデオクリップのBGMとなっている「BREATHE」も 「THE BLAZE」の曲を採用している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら