ビューティ

エスティ ローダーがファッションフレグランス事業を終了

 エスティ ローダー カンパニーズ(ESTEE LAUDER COMPANIES)は「アラミス(ARAMIS)」「トミー ヒルフィガー(TOMMY HILFIGER)」「マイケル・コース(MICHAEL KORS)」「ダナ キャラン(DONNA KARAN)」「DKNY」「エルメネジルド ゼニア(ERMENEGILDO ZEGNA)」を擁するデザイナーフレグランス事業部を終了する。「アラミス」は他の部署に移動し、ファッションブランドとのフレグランス契約は2023年までに全て終了する。

 「マイケル・コース」は親会社のカプリ ホールディングス(CAPRI HOLDINGS)がすでに契約しているユーロイタリア(EUROITALIA)と提携し、「ダナ キャラン」と「DKNY」は7月にインターパルファム(INTERPARFUMS)と契約した。またかつて傘下だった「トリー バーチ(TORY BURCH)」は19年にライセンスを資生堂と契約。今後エスティ ローダーは「トム フォード ビューティ(TOM FORD BEAUTY)」「ジョー マローン ロンドン(JO MALONE LONDON)」「ル ラボ(LE LABO)」「エアリン(AERIN)」「キリアン(KILIAN)」「フレデリック マル(FREDERIC MALLE)」などのラグジュアリーフレグランスラインに集中する狙いだ。なお、「エスティ ローダー(ESTEE LAUDER)」や「クリニーク(CLINIQUE)」もフレグランスを手掛けている。

 同社は「『アラミス』・デザイナーフレグランス事業を2023年6月に終了する。フレグランスはわれわれにとって大きなビジネスの柱であり、今後も長期的に投資する。当面はラグジュアリー・プレステージフレグランスに全面的に注力する」とコメントしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら