ビューティ

エスティ ローダーが「ウーバーイーツ」と協業 米国で「ジョー マローン ロンドン」の香水の宅配

 米エスティ ローダー カンパニーズ(ESTEE LAUDER COMPANIES)は5月7日、ウーバー(UBER)と協業し、「ジョー マローン ロンドン(JO MALONE LONDON)」と「オリジンズ(ORIGINS)」の製品の宅配サービスを提供を開始した。ウーバーが昨年11月に買収した宅配サービス「ポストメイツ(POSTMATES)」とウーバーの宅配サービス「ウーバーイーツ(UBER EATS)」を通じて、米国の60店舗からの宅配が可能だ。化粧品企業がウーバーと協業するのは初めて。

 ウーバーの宅配サービスの売り上げは前年比150%増と急成長しており、今後はアルコールや食品、化粧品に対象を広げる狙いだ。ジュリー・キム(Julie Kim)=ウーバー グローバル・ヘッド・オブ・メンバーシップは「この1年、ウーバーの宅配サービスのニーズが激増している。消費者はレストランのテイクアウトに留まらず、あらゆる分野において宅配を求めている」と語る。

 エスティ ローダーは以前、「M・A・C」でも同様の宅配サービスを提供した。昨年10月(ポストメイツがウーバー傘下になる前)に、同サービスと協業し、ECの購入品の当日配送を行った。

 またエスティ ローダーは先日、2021年1〜3月期の決算を発表した。スキンケア売り上げが前年同期比31%増を記録し、全体の売上高を同16%増に導いた。そのほかフレグランスも同30%増、ヘアケアは同8%増だった。一方でメイクアップは同11減%と厳しい状況が続く。スキンケアの需要の拡大により、同カテゴリーの売り上げはメイクアップの倍以上になったという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら