ビューティ

エスティ ローダーが「ウーバーイーツ」と協業 米国で「ジョー マローン ロンドン」の香水の宅配

 米エスティ ローダー カンパニーズ(ESTEE LAUDER COMPANIES)は5月7日、ウーバー(UBER)と協業し、「ジョー マローン ロンドン(JO MALONE LONDON)」と「オリジンズ(ORIGINS)」の製品の宅配サービスを提供を開始した。ウーバーが昨年11月に買収した宅配サービス「ポストメイツ(POSTMATES)」とウーバーの宅配サービス「ウーバーイーツ(UBER EATS)」を通じて、米国の60店舗からの宅配が可能だ。化粧品企業がウーバーと協業するのは初めて。

 ウーバーの宅配サービスの売り上げは前年比150%増と急成長しており、今後はアルコールや食品、化粧品に対象を広げる狙いだ。ジュリー・キム(Julie Kim)=ウーバー グローバル・ヘッド・オブ・メンバーシップは「この1年、ウーバーの宅配サービスのニーズが激増している。消費者はレストランのテイクアウトに留まらず、あらゆる分野において宅配を求めている」と語る。

 エスティ ローダーは以前、「M・A・C」でも同様の宅配サービスを提供した。昨年10月(ポストメイツがウーバー傘下になる前)に、同サービスと協業し、ECの購入品の当日配送を行った。

 またエスティ ローダーは先日、2021年1〜3月期の決算を発表した。スキンケア売り上げが前年同期比31%増を記録し、全体の売上高を同16%増に導いた。そのほかフレグランスも同30%増、ヘアケアは同8%増だった。一方でメイクアップは同11減%と厳しい状況が続く。スキンケアの需要の拡大により、同カテゴリーの売り上げはメイクアップの倍以上になったという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら