ファッション

「ウーバーイーツ」が「フランフラン」と提携 東京都内3店舗で雑貨の宅配をスタート

 デリバリーサービス「ウーバーイーツ(UBER EATS)」は、「フランフラン(FRANCFRANC)」とタッグを組み、雑貨の宅配を東京都内3店舗(青山店、新宿サザンテラス店、自由が丘店)で11月25日に開始する。食器や加湿器などの商品約30種類(700~7000円)を扱い、配送手数料は300~400円に設定。飲食を含まない小売り事業者としては日本で初めての試みとなる。

 新しい生活様式の導入により、「ギフトを買いに行く時間がない」という悩みを抱えている客が多いことが判明。注文から約30分で配達ができる「ウーバーイーツ」との取り組みにより、客の「今すぐ欲しい」「今すぐ贈りたい」というニーズに応えるため、サービスを開始した。

 「ウーバーイーツ」は、日本国内でのフード以外のデリバリーサービスの拡大を図っており、ギフトニーズの高い「フランフラン」と組み、さらなる人々のつながりを創出していくという。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら