ビューティ

花王がカスタマイズされた接客やサービスを提供する店頭顧客システムを導入

 花王は美容部員のいる百貨店やGMSを中心に、消費者一人一人にカスタマイズされた接客とサービスを提供する店舗顧客システム「フェイス(FACE、system For Advanced Customer Engagement)」を10月4日から順次導入する。消費者の状況に合わせた適切なタイミングでブランドの世界観や価値を伝えるほか、よりパーソナライズ化されることで顧客とブランド、店頭とのつながりがさらに強固なものとなる。

 これまで化粧品売り場では店頭顧客システムを、顧客の情報や接客情報の蓄積、管理、売り上げ、在庫管理、肌測定分析結果の可視化として美容部員が活用してきた。今回の「フェイス」はそのサポートツールとしての機能に加え、肌解析サービスやブランドごとに展開するLINEミニアプリ、外部サービスとの連携などの拡張機能を搭載する。また顧客はいつでもスマートフォンで、店頭で行った肌解析結果を確認できるほか、オンラインカウンセリングやバーチャルメイク体験も可能となる。環境にも配慮し、会員証やカウンセリングレシートもデジタル化で対応する。導入店数は約610店(1080コーナー)を予定する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら