ビューティ

「ヴァレンティノ ビューティ」が日本上陸 第1弾はレディー・ガガが広告塔の香水

 「ヴァレンティノ ビューティ(VALENTINO BEAUTY)」は今秋日本に上陸し、11月10日に第1弾となるフレグランス“ヴァレンティノ ヴォーチェ ヴィヴァ オードパルファン”(10mL、税込4400円/30mL、同1万120円/50mL、同1万4850円/100mL、同2万1450円、「ヴァレンティノ」ブティック限定)を発売する。「ヴァレンティノ」ブティックに加え、アットコスメECおよびアットコスメトーキョーで取り扱う。

 “ヴォーチェ ヴィヴァ”は「ヴァレンティノ」のクリエイティブ・ディレクターを務めるピエールパオロ・ピッチョーリ(Pierpaolo Piccioli)が「もし香水が嗅覚以外の感覚を呼び起こすことができたら?」という問いから、身に着けることで体も心も解放させる香水として誕生。一人一人が香りへの感覚が違うのと同じように、ユニークな声を持つという“My Voice, My Strength(私の声、私の強さ)”をコンセプトとし、レディー・ガガ(Lady Gaga)がアンバサダーを務める。

 香りは、イタリア南部で収穫されたベルガモットのエッセンスがきらめくように広がり、甘くてジューシーなマンダリンのエッセンスが合わさることで、柔らかさをまとう。そこに、オレンジブロッサムのアブソリュートやインドで夜明け前に収穫されるモーニングジャスミングランディフローラムを組み合わせ、最後に男性的な香水を専門としてきたクリスタルモスアコードが意外性を加える。「ヴァレンティノウーマン」特有の、洗練されていながらも型にはまらない、スタイルを物語る香りだ。

 ボトルはイタリアのパラッツォ(宮殿)の切石に刻まれ、ブランドを代表するロックスタッズを施している。「香水を身に着ける人を明るく称賛するように、彩のある人生を歩もう」というメッセージを込め、わずかにピンクがかった赤「ロッソ ヴァレンティノ」をあしらった。

 なお、海外ではすでに展開されているメイクアップアイテムは来年春に日本上陸予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら