ビューティ

「ナガセ」から初のアイクリーム登場 保湿やハリなど“全方位”で目元ケア

 ナガセビューティケァが展開するスキンケアブランド「ナガセ(NAGASE)」から10月1日、初のアイクリーム“アイフォーカス”(税込1万9800円)が登場した。

 同社がコロナ禍で働く女性500人に調査をしたところ、マスク着用時に最も意識するパーツは「目もと」(44.2%)、次いで「肌全体」(32.0%)、「首・デコルテ」(13.0%)だった。目もとは顔の中でも皮膚が薄く、汗腺や皮脂腺も少ないため乾燥しやすい。さらに、毛細血管が多いため血流の滞りや、加齢や紫外線によりリンパ機能が低下して老廃物が溜まりやすい。そのため、目尻のしわなどファーストエイジングが現れやすい部位である。

 “アイフォーカス”は、ハリ・弾力成分のグルコシルナリンギンを配合しているほか、保湿効果のある酒粕エキスやトレハロース、ハリ感を与える清流紅花エキスやグルコシルヘスペリジン、すっきりとした目元に導くパッションフルーツエキスを含み、“全方位”から目元をケアする。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら