ビューティ

旬のアイメイクを楽しむための24時間アイケアのすすめ 最新ケア製品5選

 “新しい日常”を生きる今、外出時のマスク着用が常識となった。この状況によってメイクアップのトレンドは大きく変化し、目元にフォーカスされている。リモートワークでパソコンに向かう時間は増え、このことで生じさせる弊害もあるだろう。その上メイクアップは、アイメイクに重きを置くのが今のムードだ。想像している以上に、目元を酷使しているかも知れない。

 そんな時代背景も後押ししていると思えるほど、今秋のアイケアアイテムは豊作だ。今回、ピックアップしたアイテム以外にも発表を控えているアイテムは多くあり、例えば9月4日に「マリコール(MARY COHR)」が目元用美容液を、10月16日には「ドクターフィルコスメティクス(DR.OHIL COSMETICS)」が針状ヒアルロン酸パッチをパワフルに進化させて発表する。

 「エイジングケアを考える上で、アイケアは絶対に外せないアイテム。これまでのアイケア製品は、乾燥小ジワ、クマなど、単に加齢によるものがメインだったように感じるが、デジタル化が進む昨今、若い人でも睡眠不足やブルーライトの影響を受けダメージを受けており、各世代のライフスタイルに合わせた製品づくりが必須になってきていると感じる」とスタービューティーの安藤睦エレミス事業部長は話す。

 確かに、これまでのアイケアは、エイジングケアの中の一つである印象が強かった。が今季のアイケア市場は少し違っているように見える。スキンケアにおいてのアイケアの役割もそうだが、メイクアップアイテムにおいても目元を美しく見せてくれる働きを持つアイケアの登場も今の潮流を感じさせる。

 クラランスの三宅 由佳マーケティング部 PRは、いつも女性の声を聞いて製品の開発をしているとした上で、「目元への意識が高まりニーズが多く、開発のきっかけになった。コロナの影響で目元を酷使していたり、マスクで目元周りの意識が高まって来ている背景を受け、9月に発売した」と述べた。

 目元の皮膚は、ティッシュ1枚分とも言われるデリケートなパーツであり、年齢が出やすい。そこに、PCやタブレットなどでの酷使が重く伸し掛かる。そんな今シーズンのアイケアについて考えたい。今シーズンのトレンドであるアイメイクをより楽しむために。

明るく美しい表情へと目元から導く

ITRIM

 2018年9月のデビュー以来、ベーシックライン「エレメンタリー」のアイテムを発表し続け、多くの人の注目を集めてきた「イトリン(ITRIM)」。しかし、今回発表する「クレセント アイ トリートメントクリーム」は、これまでのラインとは違い、新たなシリーズ「クレセント」での発売となる。「自然体で美しく年を重ねていくことを大切にしたいと考える「イトリン」が、大人の肌悩みの代表格である“シワ” について考えたプログラム。シワ1本にこだわるのではなく、シワとたるみは表裏一体であることに着想を得て、根本的なハリや弾力不足に取り組むために、“見た目印象”を左右する4つの部位にフォーカスした」(大山幸恵イトリン コミュニケーション・PR シニアマネージャー)シリーズを構成する4アイテムは、大人の女性の全身から与える印象を考慮して、顔の上下、体の上下の4つの部位に着目。新作のアイクリームは、この顔の上部が目元を含む“ゴーグルゾーン”に働きかけ、豊かな香りで包みながら透明感のある凛とした表情へと導く。「目元は、その人が持つ表情などの豊かさをあらわれであり、思いっきり笑ったり、微笑んだり、まなざしが凜としている女性は美しいと「イトリン」は考えている。丸みとシャープさを併せ持つ、三日月のような美しさ=クレセントで、大人の女性がさらに豊かな表情で過ごせるように思いを込めてつくった」と独自の見解を示す。

EPISTEME

 19年9月に発売された、ブランド人気NO.1アイクリーム「アイパーフェクトショットa」 。たくさんの栄誉ある賞にも輝いたアイテムの発売から一年のスピードで新作の目元美容液を発売する。その誕生の背景について、「目周り悩みとして常に上位にあがる、クマ・くすみへアプローチするべく研究を進めていた。クマ・くすみの原因が目周りの血流低下にあることから、血管強化アプローチをかなえる成分を開発し、製品化したのが、20年秋だった」(宮下侑子・ロート製薬 エピステームPR担当)。クマの原因は血流大きく関与し、その血流の改善には血管が健全な状態であることが肝要であるとの答えを出し、今回の新美容液は血管強化に重要な細胞ペリサイトに着目。よどみグマやくすみといった目の悩みに働きかけながら、塗った瞬間から表情に明るさを蘇らせる。「映える目元メイクのためには、肌そのものが健やかであることが何よりだと考える。目周りは最も皮膚が薄く、卵の薄皮程度しかなく、コラーゲンやエラスチンなども少ないため早期からエイジング症状が出やすい部位のため早めのケアが必要」

JURLIQUE

 オーガニックスキンケアブランドのパイオニア、「ジュリーク(JURLIQUE)」は目元用クリームを発売する。専用のアプリケーターを付け、ケアする喜びを感じさせてくれる新作について、「ジュリークの最高峰シリーズの中で、アイケアアイテムはまだなかった。顧客からも待望の声があった」(五耒千里ジュリーク PR マネージャー)ことから発売に至った、と説明する。そのアイケアについて、「ブランドとして大切にしている“ウェルビーイング”の考え方に沿い、肌だけでなく身体や心まで健やかに、そしてお手入れの時間が自己肯定になるような、心地いい至福の時間になるための商品を届けている」としたブランドとしての考えを示した上で「このアイケアもその基本的な考え方の元、自然由来のカプセルにオーガニック認証自社農園で育んだハリに特化した植物成分を入れ肌の奥に素早く届ける工夫をしている」と話す。自然由来のマイクロリポソームに6つの植物エキスを内包したパワフルな処方がデリケートな目元をソフトに働き、きめ細やかな美しさを呼び戻す。

CLARINS

 紫外線などの影響を受けやすい目の周りは、最もエイジングのサインが現れやすいパーツと考える「クラランス(CLARINS)」は、目元用美容液を発売する。「ほとんどの女性がフェイスケアをしている近年、とりわけパーツに注目し、その中でもエイジングサインが表れやすく、人からも注目されるのが目元。元気で若々しい印象を与える重要なパーツであるアイケアは、今後もさらに注目、必須アイテムになるのではと考えている」(三宅 由佳・クラランス マーケティング部 PR)と昨今の、アイゾーンケアへの注目度の高さを説く。今回の新製品には、スイートアカシアワックスとオーガニックハルンガナエキスの2つの植物エキスを配合することで、リフトアップとスムージングの2つの効果を付与。スピード時代に寄り添うように、わずか約60秒のケアでフレッシュな表情へ、目元からアプローチする。

ELEMIS

 ブランド理念である、自然由来成分と最新技術を融合させることを貫きながら、「さらに各年代に合わせて、“より簡単なケアで” 最大の結果を導くことが必要でこうしたことを意識した商品開発を行う、「エレミス(ELEMIS)」から目元用のマスクが登場する。「デジタル化が進むなか、ライフスタイルの変化やこれまで以上に目元のケアに対する悩みを持つ方が増えたことに加え、さまざまな技術的な進歩があり、今回の発売に至った」(安藤エレミス事業部長)パディナパボニカやブッシュクローバーなど、厳選の植物成分を配合して処方。保湿やハリに作用するマスクとしてはもちろんのこと、乾燥などによるダメージから肌を守るプライマーとしても使用可能。「暮らし方の変化により、若い方でも睡眠不足やブルーライトの影響など、各世代のライフスタイルに合わせた製品づくりが必須になってきている。今後もさまざまな人に寄り添う幅広い商品展開が必要と考えている。今秋(10月~11月) に発売を予定。ブランド最高技術を結集した「ウルトラスマート プロコラジェン」シリーズを正式にローンチ、アイケアアイテムとして、デイ&ナイト モイスチャライザー「ウルトラスマート プロコラジェン アイトリートメント Duo」を発売する予定だ。

メイク時にプラスしたい3アイテム

ETVOS

 オリジナルブレンドの植物オイルなどの独自の処方により、乾燥による小ジワにアプローチするハイライトバーム「ミネラルラディアントスキンバーム」を発売する「エトヴォス (ETVOS)」。目元を美しく見せたい場合、明るい目元で抜け感ある表情を作ることが大切と言い、その効果的な使い方は、「別売りのデュオタッチブラシを持ち、目の下から頬の高い位置まで『ミネラルラディアントスキンバーム』を塗り広げる」(栗原蒼エトヴォス PR) まずはこの基本的な使用法を試したい。また「気分に合わせて、ミネラルラディアントスキンバームを指の腹にとったら、目頭、目尻、それに鼻の起点(目と目の間)にトントンとのせ、目から下には塗布しないようにする」方法が、よりエレガントな印象を生む。さらに、艶の魔法をかけてよりヘルシーな印象にしたい場合は、ミネラルラディアントスキンバームをデュオタッチブラシのブラシ側にとり、ゴーグルゾーン=目の周りから頬の高い位置までのゴーグルで隠れる位置に広く入れると、明るく澄んだ眼差しを演出することができる。

ADDICTION

 「アディクション(ADDICTION)」から、目元はもとより口元やほお、デコルテなどにも活躍するマルチパーパスの「ザ グロウ スティック」が10月にお目見え。96%もの保湿成分を配合したことで、濡れたようなみずみずしい肌をかなえる「ザ グロウ スティック」。オリーブオイル、ホホバオイル、サフラワーオイル、セサミオイルの4種のオーガニック植物由来成分を配合したグロウタイプのスティックハイライターは、肌の内側から発光するような自然な艶を与えたいときに瞬時に効果を発揮する。目元に塗布することで、生き生きとしたフレッシュな印象を宿す。「目元はもちろん、チークボーンとアイブロウボーンにも繊細な輝きを加えることができるプロダクト。特に目元は、ウオーターラインを強調するようにインナーコーナーに塗布することで、より目周りの立体感を引き立てることができる」(國京寛一・ADDICTION メイクアップ アーティスト)グロウタイプのほかに、超微粒子のパールがみずみずしく仕上げるパールタイプ3種もラインアップ。

MIMC

 「エムアイエムシー(MIMC)」のロングセラー、多機能バームはローズヒップとエルダーベリーの2種の保湿成分を配合した限定品で登場。メイク時にも活躍する「エッセンスハーブバームクリーム(ローズヒップ&エルダーベリー)」は、「瞬きなど動きが多く乾きやすい目元をしっとりと潤わせ、化粧ノリもよくなる。エアコンや紫外線による乾燥で目元の小ジワが気になる夕方には、少量を指先にとり、メイクの上から目元に馴染ませることで乾燥による小じわが気にならなくなる」(川﨑愛子MIMC PRマネージャー)。更に、朝晩それぞれのスキンケア時の効果的な使い方としては、「朝のスキンケアの最後に、目元にやや多めにつける。手のひらの体温でハンドプレスを長めに行うこと。そして夜のスキンケアではお手入れの最後に、目元にやや多めにつけたら目頭の内側にあるツボ=くぼみやこめかみの部分をプッシュしながら軽くマッサージし、コリをほぐしていく。これが視野が広がり、目元がぱっちりと開かせる」とレクチャーする。“ビタミンCの爆弾”と称されるローズヒップはハリをもたらしながら、ローズヒップで肌にやわらさを与える新作はファンデーションの下地としても活躍。

渡部玲:女性誌編集部と美容専門の編集プロダクションに勤めた後、独立。2004年よりフリーランスの編集者・ライターとして雑誌やウェブなどの媒体を中心に活動。目下、朝晩のシートマスクを美容習慣にして肌状態の改善を目指している

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら