ファッション

「D2C」って、多分こういうコト エディターズレター(2020年7月9日配信分)

※この記事は2020年7月9日に配信した、メールマガジン「エディターズレター(Editors' Letter)」のバックナンバーです。最新のレターを受け取るにはこちらから

「D2C」って、多分こういうコト

 下のリンク1本目で「フーフー」の高坂マールくんが話している「レガシーブランドの参入」のハナシ、D2Cに限らず、よくあるコトであります。マールくんが話している「芸能人のYouTube参入」はもちろん、私たちの世界で言えば「プリントメディアのウェブスタート」も、全く同じ現象です。ウェブの世界では数年前から、例えば「GQ」や「シュプール」が、いよいよ本気でオンラインメディアを拡充。さすが、圧倒的なブランド力と編集力、そして資金(たぶんw)で急成長して、2000年前後にウェブでスタートした新興メディアは、正直駆逐されかけています。

 とはいえ正直ワタクシ、マールくんの心配は杞憂だと思っています。いやね、なかなか出来ないですよ、アレは。D2Cをやろうと思っているアパレルブランドは、一度、彼のソーシャルをフォローしてみると良いでしょう。マメです。あんなにIGでライブ配信をして、ツイッターで購入者の投稿をリツイートしている人はいないでしょう。レガシーブランドの皆さん、アナタにその覚悟はありますか?

 彼が見据える、次のビジョンにも超共感です。コレは、リンク2本目にある「エヴァンジェリスト(伝道師)」の育成に似たビジョンだと思うのですが、コレに成功すると、ブランドは、勝手にドンドン広がります。ブランドの理念(そもそも、アナタが始めようと思っているD2Cには、社会的理念がありますか?ないと、マジで無理ですよ)に共感した伝道師が、マールくん同様にブランドを広める活動をスタートして、ユーザーの投稿を拡散。ユーザーの投稿はそもそもUGC(User Generated Content)だし、影響力のあるエヴァンジェリストが拡散・ブーストするからますます広がり、そのUserはハイ、もう次の伝道師いっちょ上がり‼︎ってコトですね。D2Cって、D2C2Cなんだと痛感させられます。

 コレだけソーシャルでのコミュニケーションを知り、ブランド発の一方的なコミュニケーション以外を設計できるブランドが、他にありましょうか?言っときますけどワタクシ、ここまで洋服そのもののハナシを全くしておりません。ファッションブランド「フーフー」は、洋服のコトを置いておいてもこんなに語れるほど、洋服以外の設計が見事なのです。無論彼のスゴさは、洋服作りでも発揮されていますが、洋服以外の事情にここまで明るく、それを洋服と結びつけられる人は、なかなかいないなぁ、と思っています。一方のレガシーブランドは、最初に洋服でしょうね。それで、マールくんに勝てるでしょうか?

 最近、いろんな方から「ビューティはD2Cが多いけれど、ファッションってどうですか?『フーフー』以外、ありますか?」と聞かれます。皆さん、なかなか鋭いですね。

SOCIAL & INFLUENTIAL:社会情勢によって変化するファッション&ビューティ業界を見つめます。インクルージョン(包摂性)&ダイバーシティー(多様性)な時代のファッション&ビューティから、社会に届けたい業界人のオピニオンまで。ジャーナリズムを重んじる「WWD JAPAN.com」ならではのメルマガです。

エディターズレターとは?
「WWDジャパン」と「WWDビューティ」の編集者から、パーソナルなメッセージをあなたのメールボックスにダイレクトにお届けするメールマガジン。ファッションやビューティのみならず、テクノロジーやビジネス、グローバル、ダイバーシティなど、みなさまの興味に合わせて、現在7種類のテーマをお選びいただけます。届いたメールには直接返信をすることもできます。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら