ビューティ

「キールズ」は看板製品に集中し21年上半期は2ケタ増収 クリームと透明美容液がけん引

有料会員限定記事

 ニューヨークのアポセカリー(調剤薬局)から始まり、今年170周年を迎えたスキンケアブランド「キールズ(KIEHL'S)」は3年連続でビジネスが伸長しており、2021年5〜7月も成長した。上半期(1〜6月)で見ても売り上げは前年同期比13%増、19年比は同29%増とコロナ禍にも関わらず好調だ。

 成長をけん引するのは、ブランドを代表する“ヒーロープロダクト”にフォーカスした戦略だ。最近はマーケティング費用の80%をヒーロー製品に当てており、サンプルも同製品を中心に行っている。中でもヒーロー製品として押し出すのは、軽やかなテクスチャーながら肌をふっくらと潤いで包み込む“クリーム UFC”と、透明美容液“DS クリアリーホワイト ブライトニング エッセンス”で、それぞれ売り上げの約2割を担うほどビジネスの大きな柱になっている。岩切直子・日本ロレアル ロレアル リュクス事業本部 キールズ事業部 事業部長は「“クリームUFC”は世界で5秒に1個売れているほど定番の人気製品。マスク生活で肌荒れをケアするニーズが高まる中で、肌のバリア機能をサポートする。一方の透明美容液はマスクによるくすみ悩みに応え、支持されている」と分析する。また、「キールズ」の製品は敏感肌でも使えるため、マスクの着用で敏感に傾いた肌にもおすすめだという。

 もう一つ成長を支えるのは、以前から注力するデジタル戦略だ。KCR(Kiehl's Customer Representative、美容部員)が個人の仕事用SNSアカウントで製品の魅力を発信しているほか、店舗ごとの公式アカウントを全店舗で開設し、緊急事態宣言下で店頭がクローズ中も積極的にお客とのコミュニケーションを行っている。ECでは透明美容液の定期便を昨年年初にスタートし、現在も人気だという。3カ月コースと5カ月コースがある中で「圧倒的に5カ月コースが人気。お得感も高いほか、継続して使っていただくことで効果をより体感しやすく、ファンの育成に一役を買っている」。

この続きを読むには…
残り453⽂字, 画像3枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら