ファッション

「無印良品」21年秋冬も200品目値下げ “人をダメにするソファ”は9990円から7990円に

 良品計画の「無印良品」は2021年秋冬、200品目で最大40%超の値下げを行う。対象商品は食品、生活雑貨、寝装ファブリック、衣料品のベストセラーアイテムが中心で、“人をダメにするソファ”として人気の「体にフィットするソファ」(税込9990円から7990円に)や、「シリコーン調理スプーン」(590円から490円に)なども含む。11月にかけて順次実施していくが、一部商品は既に値下げ済みだ。

 同社は1980年の創業当時から、素材や製造工程、包装の見直しによって定期的に値下げを行っている。昨年10月には靴下やインナー類など衣料品の主力72品を値下げし、以後も生活雑貨などで大規模な値下げを実施したことが要因の一つとなり、業績はコロナ禍でも絶好調だ。9月からスタートする新中期経営計画においても、サプライチェーンマネジメント強化による原価低減とそれに伴う値下げは、重要戦略となっている。

 今回は引き続き根強い“イエナカ消費”に対応するため、寝具、ファブリック、キッチンツールなどを中心に値下げ。「(寝具やファブリックも)衣料品と同じ調達背景の素材を活用する」(発表資料より)ことなどにより、大規模な値下げを実現した。

 値下率が特に大きい商品は、「羽根まくら」(1190円から690円に約42%の値下げ)、「綿パイルフェイスタオル・中厚手」(490円から290円に約41%の値下げ)など。ほか、テレビ番組などでも取り上げられて恒常的に人気になっている「素材を生かしたカレー キーマ」(290円から250円に)などのレトルトカレーシリーズや、「首のチクチクを抑えた天竺 タートルネック洗えるセーター」などが値下げ商品に含まれている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら