ファッション

リシュモンが世界最古の高級レザーグッズメゾン「デルヴォー」を買収

 「カルティエ(CARTIER)」や「ヴァン クリーフ&アーペル(VAN CLEEF & ARPELS)」を擁するコンパニー フィナンシエール リシュモン(COMPAGNIE FINANCIERE RICHEMONT以下、リシュモン)は、香港の投資会社ファースト ヘリテージ ブランズ(FIRST HERITAGE BRANDS)からベルギーの高級レザーグッズメゾン「デルヴォー(DELVAUX)」の全株式を取得し、完全子会社化した。契約条件は非公表。

 1829年創業の「デルヴォー」は、世界最古の高級レザーグッズブランドとして知られ、1883年にベルギー王室御用達ブラントとしても認められている。ファースト ヘリテージ ブランズは2011年に「デルヴォー」の過半数株式を取得。業界関係者によると、売上高が1800万ユーロ(約23億7000万円)から1億2000万ユーロ(約158億4000万円)まで伸びたという。20年には米国と欧州向けのECを開始。中国ではJDドットコムと協業してオンラインでの販売を行っている。

 リシュモンは同グループの国際的な認知度とデジタルの知見を生かして「デルヴォー」のオムニチャネル戦略や顧客のエンゲージメントを強化することを目指す。リシュモンのフィリップ・フォルトゥナート(Philippe Fortunato)=ファッション&アクセサリー メゾン最高経営責任者(CEO)は、「過去10年にわたって生み出された豊富なアーカイブは、会社を長期的に成長させるための強固な基盤となり、レザーグッズ分野の頂点におけるリシュモンの存在感を強めてくれるだろう」とコメントしている。

YU HIRAKAWA:幼少期を米国で過ごし、大学卒業後に日本の大手法律事務所に7年半勤務。2017年から「WWDジャパン」の編集記者としてパリ・ファッション・ウイークや国内外のCEO・デザイナーへの取材を担当。同紙におけるファッションローの分野を開拓し、法分野の執筆も行う。19年6月からはフリーランスとしてファッション関連記事の執筆と法律事務所のPRマネージャーを兼務する。「WWDジャパン」で連載「ファッションロー相談所」を担当中

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら