ファッション

ベルギー発「デルヴォー」が「エディション」とコラボでアフタヌーンティー ポエティックなマグリット作品を表現

 ベルギー発「デルヴォー(DELVAUX)」は「東京エディション虎ノ門(THE TOKYO EDITION TORANOMON、以下エディション」とコラボレーションし、4月5日、“デルヴォー アフタヌーンティー アット 東京エディション虎ノ門”をスタートする。これは、ベルギーを代表するシュールレアリスム画家のルネ・マグリット(Rene Magritte)へ敬意を示した「デルヴォー」の新作“マグリット”コレクションを記念するもの。「デルヴォー」とマグリット財団との長年にわたるパートナーシップは、ベルギー王国を象徴すると同時に両者の自由奔放な精神を表わしている。

 マグリットのおなじみの絵画「ボウラーハット」や「帰還」「これはパイプではない」「仮面のリンゴ」などを洗練されたカラフルなスイーツで表現。スイートのほかに、アフタヌーンティーの定番であるスコーンはプレーンとアップルレーズンの2種類、クリーミーでリッチなクロテッドクリームとストロベリージャムとともに提供する。

 マグリットと言えば、青いリンゴを想起する人も多いだろう。フィンガーフードは青リンゴがインスピレーション源で、爽やかな風味のキュウリとミントのガスパッチョをはじめ、見た目も美しいエッグサンドイッチやスモークサーモンなどをそろえる。

 紅茶およびハーブティーは、アールグレイ、イングリッシュ・ブレックファースト、カモミール、マウンテンベリーハーバル、ロゼロワイヤル、ペアーツリーなどがバリエーション豊かにラインアップ。「ルイナール(RUINART)」のグラスシャンパン付きのコースもある。

 料金は5500円(税・サービス料別:以下同)。グラスシャンパン付きは7800円。会期は5月9日まで。「エディション」31階の緑豊かな東京を見渡すロビーバーで楽しむことができる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。