ファッション

「ミューラル」が阪急うめだでポップアップ ビジュアルに高瀬真奈を起用

 「ミューラル(MURRAL)」は関西圏では初となるポップアップストアを阪急百貨店阪急うめだ本店に4月7〜13日にオープンする。2021年春夏コレクションのほか、関口愛弓デザイナーが描いた花々を刺しゅうにした“フレーム(Flame)”シリーズの限定カラーをドレス、ブラウス、ロングスカートの3型で用意する。

 限定カラーは、21年春夏のテーマ“繋がり”を発展させた“FROM HAZY TO LUCID(曖昧から明快へ)”をキーワードに、ニュートラルな色味に仕上げている。「曖昧というムードをグレーで表現し、霧が徐々に開けて明快になる景色をイメージした」と村松祐輔デザイナー。また、21年春夏コレクションで即完売したという“フレーム フラワー ドレス”も再販売する。限定アイテムは「ミューラル」の公式ECサイトでも4月10日12時に発売する。

 限定コレクションのビジュアルにはモデルの高瀬真奈を起用。これまでとは異なる印象に仕上げた。

■「ミューラル」阪急うめだ本店ポップアップストア
開催期間:4月7〜13日
時間:10:00〜20:00
場所:阪急うめだ本店3FD-LAB
住所:大阪府大阪市北区角田町8-7

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら