ファッション

「ミューラル」が阪急うめだでポップアップ ビジュアルに高瀬真奈を起用

 「ミューラル(MURRAL)」は関西圏では初となるポップアップストアを阪急百貨店阪急うめだ本店に4月7〜13日にオープンする。2021年春夏コレクションのほか、関口愛弓デザイナーが描いた花々を刺しゅうにした“フレーム(Flame)”シリーズの限定カラーをドレス、ブラウス、ロングスカートの3型で用意する。

 限定カラーは、21年春夏のテーマ“繋がり”を発展させた“FROM HAZY TO LUCID(曖昧から明快へ)”をキーワードに、ニュートラルな色味に仕上げている。「曖昧というムードをグレーで表現し、霧が徐々に開けて明快になる景色をイメージした」と村松祐輔デザイナー。また、21年春夏コレクションで即完売したという“フレーム フラワー ドレス”も再販売する。限定アイテムは「ミューラル」の公式ECサイトでも4月10日12時に発売する。

 限定コレクションのビジュアルにはモデルの高瀬真奈を起用。これまでとは異なる印象に仕上げた。

■「ミューラル」阪急うめだ本店ポップアップストア
開催期間:4月7〜13日
時間:10:00〜20:00
場所:阪急うめだ本店3FD-LAB
住所:大阪府大阪市北区角田町8-7

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら