フォーカス

雨の日も使える!コンバットブーツにヒットの予感 ゴツさと量感で細見え

 秋に向けてヒットの兆しが見えている新顔シューズは、コンバットブーツに代表されるボリュームたっぷりのゴツめブーツ。背景にあるのは、“強い女”のイメージや、不安な時代の空気。アンフェアや不合理と戦いながら、今の時代を生き抜く女性像に、軍用シューズならではのタフ感がぴったりです。

 「ディオール(DIOR)」は2020年春夏パリ・コレクションで、ショートボトムスとゴツめブーツの組み合わせを提案。このように相反する印象の、フェミニンなスカートやキュートなミニボトムスとブーツを合わせるのがコンビネーションのコツです。おしゃれスナップを参考に、コンバットブーツの上手な取り入れ方を、夏のうちから先取りマスターして、梅雨のレインファッションにも取り入れていきましょう。

◆スカート・ワンピースに合わせてフェミニン×強さ

 秋元梢さんはラバーソールのコンバットブーツを履いて、「サカイ(SACAI)」の2020年春夏パリ・ファッション・ウイーク会場に来場。透ける袖のトップスに、ハイウエストのフレアシルエットのロングスカートを合わせ、とどめにタフな戦闘シューズをマッチング。シアー素材やフレアシルエットにぐっと緊張感がプラスされクールな装いが完成しました。

 2枚目のルックは「マーガレット・ハウエル(MARGARET HOWELL)」のショー来場者。ミニマルなノースリーブの白ワンピースに、スパイシーなブーツを引き合わせました。“上半身はたおやかに、靴はハードに”はおしゃれテクニシャンの得意技。腰にニットを巻いて、アクセントを添えました。夏場のシンプルなワンピースも、タフ顔のブーツを添えれば、スパイシーな着こなしに。大人女性でも取り入れやすいスタイリングです。

◆ジャケット×ミニボトムスで脚をきゃしゃ見せ

 ゴツめブーツは量感が豊かなので、コーデ全体のめりはりを演出できます。端正なテーラードジャケットや、コンパクトなミニボトムスと組み合わせて、トレンド感の高い着こなしに整えるのは、賢い組み立て方。写真1枚目はジャケットとミニボトムスでスクールガール風の雰囲気に。足元に戦闘モードのコンバットブーツを迎えて、スパイスをまぶしました。足元をハードに決めるだけで、自然な華奢感がアップ。脚線が細見えするおまけつきです。

 2枚目はジャケットとショートパンツのコンビネーション。ニュートラルカラーでまとめました。きれいめに整えつつ、足元だけはゴツめブーツではずしているのが、おしゃれエリートならではの隠し味的アレンジ。スーパースリーブ丈のシャツもアンバランスを印象づけて、遊び心を醸し出します。ショートパンツの裾がゆったりしているうえ、ブーツが豪快なので、シャープなレッグラインが引き立ちました。

◆ブーツインでスレンダー&ジェンダーレスなムード

 ゴツめブーツを目立たせるには、パンツの裾をブーツインするのが一番。「サカイ(SACAI)」の20年春夏パリ・ファッション・ウイーク会場で、モデルの高瀬真奈さんは、シアー素材のドット柄シャツとパンツのセットアップ姿を披露。パンツの裾はコンバットブーツに収めています。足首周りに適度なたるみを生んで、細感を際立たせるテクニックが参考になります。

 2枚目の写真は、夏らしいシンプルなTシャツ姿。パンツとのコーデはさっぱりして見えがちですが、コンバットブーツを取り入れれば、退屈に見えません。サンダルやスニーカーではイージーに見えすぎたり、物足りなく見えたり。でも、コンバットブーツに裾をインするだけで、こんなに新鮮な着映えにさま変わり。ジェンダーレスなたたずまいに整うので、ゆるっと見えがちなラフなコーデが凜々しく映ります。

 肌の露出をカムフラージュする効果が高いので、コンバットブーツはサマールックの相棒にうってつけ。手抜きに見えがちな装いにも、“強め感”を添えてくれます。秋冬にはさらに盛り上がりを見せそうなので、夏のうちから手なずけておくのが賢い先取りコーデです。

ファッションジャーナリスト・ファッションディレクター 宮田理江:多彩なメディアでコレクショントレンド情報、着こなし解説、映画×ファッションまで幅広く発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かし、自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い

最新号紹介