ファッション

有楽町マルイ、売り場内に「撮影スタジオ」 入居テナントがSNSやECで活用

 丸井は、有楽町マルイ内にテナントなどが利用できる撮影スタジオを7月1日に開く。ファッションブランドなどを中心に店頭の販売員がSNSやネット通販(EC)で情報発信するケースが増えており、ニーズが高いと判断した。撮影だけでなく、会議やセミナーなどにも使用できる。

 婦人服ブランドが軒を連ねる3階にシェアスタジオ「スタジオゼロワン」を開設する。用途によってレイアウト変更が可能な60平方メートルのスペースに、撮影用の照明や音響機材を完備し、高速通信の環境も整えた。有楽町マルイに入居するテナントだけでなく、出店していないD2Cブランド、インフルエンサー、個人なども利用可能。利用時間は11時から20時まで。使用料金は1時間6600円(税込)だが、オープニング価格として当面は1時間5500円(税込)で貸し出す。

 近年、アパレルや化粧品、食品などの分野では店頭からの情報発信が盛んになっている。その場合の課題だった撮影設備や通信環境を完備することで、よりクオリティー高いコンテンツ制作が可能になる。SNSやオウンドメディア、ユーチューブ、ライブコマースなど多岐に利用できる。スタジオは売り場に隣接しているので、買い物客にライブ感をアピールする場としても機能する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら