ファッション

集英社の「セブンティーン」と「マリソル」が定期刊行終了 全女性誌・男性誌が新体制でDX強化

 集英社が発行する女性誌「セブンティーン(SEVENTEEN)」と「マリソル(MARISOL)」が、定期刊行を終了する。「セブンティーン」が9月1日発売の10月号、「マリソル」が10月7日発売の11月号を最後に今後は不定期での発行となる。

 「セブンティーン」は1968年創刊。女子中高生向け雑誌の草分け的存在として、50年以上にわたり親しまれてきた。10月号以降は、8月に開設予定のウェブサイトをベースに、専属モデルやタレント、インフルエンサーのSNSやユーチューブと連携しながら発信し、新しいメディアの形に挑むという。年数回はプリント版も発行予定だ。

 アラフォー世代を読者層に持つ「マリソル」は、「モノが買いたくなるメディア」として、eコマースに特化したメディアに生まれ変わる。「厳選されたものを効率的に購入したい」という読者のニーズに応えながら、年2〜4回はプリント版も発行する。

 また、DX強化による新体制に伴い、女性誌・男性誌の全誌に新たな役職ブランド統括を6月22日付で設けた。ウェブ編集長も配し、デジタル運用体制を強化する。各メディアの新人事は以下の通り。

■「ノンノ(NONNO)」
ブランド統括兼同誌担当編集長 俵理佳子
「ノンノ」ウェブ担当編集長 小泉光代

■「メンズノンノ(MEN'S NON-NO)」
ブランド統括兼同誌担当編集長 根岸英行
「メンズノンノ」ウェブ担当編集長 丸山真人

■「ウオモ(UOMO)」
ブランド統括兼ウェブ「ウオモ」担当編集長 山崎貴之
同誌担当編集長 池田誠

■「マキア(MAQUIA)」
ブランド統括兼「MAQUIA ONLINE」担当編集長 伊藤かおり
同誌担当編集長 清田恵美子

■「シュプール(SPUR)」
ブランド統括兼「SPUR.JP」担当編集長 五十嵐真奈
同誌担当編集長 並木伸子

■「モア(MORE)」
ブランド統括兼同誌担当編集長 中田貴子
「DAILY MORE」担当編集長 薬師神葉子

■「バイラ(BAILA)」
ブランド統括兼同誌担当編集長 杉浦歩
「@BAILA」担当編集長 高井佳子

■「リー(LEE)」
ブランド統括 崎谷治
同誌担当編集長 喜多佳子
「リー」ウェブ担当編集長 畑江貴子

■「エクラ(ECLAT)」
ブランド統括兼「ウェブ エクラ」担当編集長 長内育子
同誌担当編集長 工藤佳子

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら