ビューティ

発行部数10万部突破! 発売から1年たっても売れ続ける“10秒で顔が引き上がる”メソッドとは

 主婦の友社が昨年4月に発売した書籍“10秒で顔が引き上がる 奇跡の頭ほぐし”が、累計発行部数10万部を突破した。

 同書は、“フェイス&ヘッドケアのゴッドハンド”と称されるエイジングデザイナー、村木宏衣氏による著書。自分で簡単にできて、リフトアップやリラクゼーションに即効性のあるヘッドマッサージ法を公開している。

 昨年4月の発売以降、30~50代の女性を中心に売り上げを伸ばし、発売から1年が経過した今年4月に同書の月間最高売り上げを記録。以降も売れ行きは衰えていないという。

 背景には、長引くマスク生活で表情筋が使われにくくなったり、一日中マスクで顔を押さえつけていることで血行が悪くなったりして、たるみやほうれい線など顔のエイジングサインが気になる人が増えていることがありそうだ。

 自宅でも職場でも、気になったときに10秒あれば実践できる簡単さや、大きくて分かりやすい図解入りの写真などが好評で、ネット書店のレビューでは高評価が続いている。同社では、さらなる売り上げ拡大を見込んでいるという。

 著者の村木氏は「ストレス過多になると、頭の筋肉や筋膜が緊張して血流が悪くなり、頭皮がカチコチになる。頭と顔は筋肉や筋膜でつながっているので、頭がこると顔の筋肉を引き上げる力が弱くなり、たるみやシワなどを引き起こす。顔の“3大たるみ”は、頬のたるみ(ほうれい線)、上まぶたのたるみ、フェイスラインのたるみ(二重あご)。コロナ禍によるおこもり生活やマスク生活を続けるうちに『ほうれい線や眉間のシワが目立ってきた』『口角が下がってきた』と思い当たる人は、ヘッドマッサージで頭から顔をケアするのが効果的」とコメントしている。

 同書では、1プロセス10秒前後でできる村木式“頭ほぐし”と、さらに効果を上げる“顔ほぐし”のコツを詳しく公開。改善したい“顔の老け見えサイン”ごとにメソッドを紹介している。

 「“頭ほぐし”を実践していくと、頭皮や髪のコンディションも上向いていく。最近はゲームやオンライン授業で目の疲れに悩む子どもも多いが、子どもでも簡単にできるので疲れ目解消におすすめ」だという。

 村木氏は、エステティックサロン、整体院、美容医療クリニックでの勤務を経て、独自の“村木式整筋”メソッドを確立。筋肉や骨格、リンパにアプローチするオリジナルの理論と手法で、女性の悩みに応える美のスペシャリストだ。2018年には自身のサロン「アメイジング ビューティ」を開設。サロン名は、スーパーモデルのケイト・モス(Kate Moss)が村木氏の施術を受けた際に、「アメイジング!」と絶賛したことが由来となっている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら