ビューティ

売れたアイテムを発表! 化粧水1位は「シャネル」「クレ・ド・ポー ボーテ」と「イプサ」 「WWDJAPAN 2021上半期ベストコスメ」百貨店・セミセルフショップ

 「WWDJAPAN 2021上半期ベストコスメ」を発表! 「WWDJAPAN」は、百貨店・セミセルフショップ、バラエティー・ドラッグストアで2021年上半期(1~4月)に売れた製品を調査。この期間に発売された新製品(NEW PRODUCT)のベスト3と、新製品だけでなく既存品を含めた総合(HERO PRODUCT)のベスト3を紹介する。

 百貨店・セミセルフショップの「化粧水」部門の新製品は、「シャネル(CHANEL)」の“ル リフト ローション” と、「クレ・ド・ポー ボーテ(CLE DE PEAU BEAUTE)」の“シナクティフ ローションイドラタントn”が同率で首位を獲得。「シャネル」は「エイジングケアを探している新客に人気」とバイヤーからのコメント。「クレ・ド・ポー ボーテ」は「保湿力の高さ・美白有効成分が好評」「緊急事態宣言前の駆け込み需要も」とバイヤー。2位は、「シャネル(CHANEL)」の“ル リフト ローション”、3位は「イヴ・サンローラン(YVES SAINT LAURENT)」の“ピュアショット エッセンス ローション”だった。

 総合では、「WWDビューティ ベストコスメ2020」でも1位にランクインした「イプサ(IPSA)」の“ザ・タイムR アクア”が今回も1位。バイヤーからの「さらっとしたテクスチャー、乾燥・テカリなどの肌悩みの人に人気。男性の新客も増えている」「マスクによる肌荒れに悩む方が“アルコール無添加”を好んで指名買いすることが多い」などのコメントからも時代性を感じられるアイテムであることが分かる。2位は「アルビオン(ALBION)」の“薬用スキンコンディショナー エッセンシャル”、3位に「SK-Ⅱ」の“フェイシャル トリートメント エッセンス”と、ロングセラー製品がランクインした。(価格は全て税込)

新製品

1位 “ル リフト ローション”

「シャネル」

 “肌にハリと弾力を与えて引き締める”エイジングケアシリーズの化粧水が進化。メイン成分の一つ、天然由来成分アルファルファは、ミネラル・微量元素・各種ビタミン・アミノ酸を豊かに含むフランス産を採用する。それを濃縮したエキスに独自成分のマグネティック ウォーター コンプレックスを組み合わせることで、失われた肌のハリや弾力の再生に寄与する。とろみのあるテクスチャーは肌に乗せると瞬く間にウオータリーに変化して浸透。ストレスの多い現代社会の中で、外的ストレスに負けない明るい肌を支える一品だ。(150mL、9350円)

1位 “シナクティフ ローションイドラタントn”

「クレ・ド・ポー ボーテ」

 資生堂のハイプレステージブランド「クレ・ド・ポー ボーテ」の最高級ライン“シナクティフ”が、先進のリンパ管研究を進化させ、新成分ピュリファイングB(保湿・整肌)を配合してリニューアルした保湿液。“ローションイドラタントn”には、浄化創生に着目した独自成分、ピュリファイングB(保湿・整肌)、美白有効成分4MSK (4-メトキシサリチル酸カリウム塩) を配合。パワフルな処方を独自のフォーミュラが素早く肌に広がりながら届かせるといった多角的なアプローチで美肌へと導くと注目を集めた。【医薬部外品】(125mL、2万3100円 レフィル125mL、2万2000円)

3位 “ピュアショット エッセンス ローション”

「イヴ・サンローラン」

 注目のサボテン由来オイル、ムーンライトカクタスを配合したヒット作“ピュアショット”に化粧水が仲間入りし、シリーズが拡充した。細胞内の小器官であり細胞エネルギー生成の根幹を担うミトコンドリアに着目。活性化させることでブランドの考える美しい肌の条件=滑らかさ、透明感、艶を宿す。過酷な環境下で育てられたアルガンの力を最大限に引き出すためにビタミンB・カブリロイルサリチル酸・グリコール酸を最適なバランスで配合することで、スピーディーに美肌へとアプローチする。(150mL、9240円)


総合

1位 “ザ・タイムR アクア”

「イプサ」

 みずみずしい使用感で肌の表面に潤いを届けながら、キメを整えてしなやかな肌を目指す薬用化粧水。水分補給させる肌を選ばないアルコール・オイルフリー設計と、肌にぐんぐん入るような感覚の浸透力で多くの支持を得続けている。乾燥、大人肌のニキビ、テカリ、肌荒れといったマスク時代の肌悩みをパワフルにサポートし、注目が続いている。肌の水分と一体化して水のバリアをつくることで、肌トラブルを防ぎ、生き生きとしたヘルシーな肌を約束。【医薬部外品】(200mL、4400円)

2位 “薬用スキンコンディショナー エッセンシャル”

「アルビオン」

 “スキコン”の愛称で親しまれる、ブランドの代表作の一つ。人気を不動のものにしたのは肌をあらゆる方向から健やかに保たせるマルチパーパスで、こだわりのハトムギ品種北のはとを採用。元来アジアの温帯から熱帯に生息するハトムギを寒さ厳しい北海道で栽培することでより生命力ゆたかに育てた品種で、数ある国産ハトムギの中でも国内で唯一“ヨクイニン”として認められている。有機JAS規格をクリアした畑で栽培され、爆砕の手法で濃密にエキスを抽出。白い一滴から漂うフローラルブーケの香りも好評だ。【医薬部外品】(110mL、3850円 165mL、5500円 330mL、9350円)

3位 “フェイシャル トリートメント エッセンス”

「SK-Ⅱ」

1980年のブランド誕生とともに発売したロングセラーで、特殊な酵母の独自の発酵から生まれる、独自成分ピテラを90%以上のの高い数値で配合した高機能化粧水は人気も不動。肌が自ら作り出す潤い成分(天然保湿因子=NMF)と同じ働きを持たせることでハリ、エイジングサイン、乾燥によるくすみ、艶などの肌悩みを多方面にアプローチする。浸透性も高く、肌にすっとなじむテクスチャーで、透明感のある、キメの整ったふっくらとした明るい肌をかなえる。(75mL、9350円 160mL、1万8700円 230mL、2万4200円)

PHOTO : HIROKI WATANABE
TEXT : AKIRA WATANABE

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら