ビューティ

売れたアイテムを発表! クレンジング・洗顔1位は「クレ・ド・ポー ボーテ」と「シュウ ウエムラ」 「WWDJAPAN 2021上半期ベストコスメ」百貨店・セミセルフショップ

 「WWDJAPAN 2021上半期ベストコスメ」を発表! 「WWDJAPAN」は、百貨店・セミセルフショップ、バラエティー・ドラッグストアで2021年上半期(1〜4月)に売れた製品を調査。この期間に発売された新製品(NEW PRODUCT)のベスト3と、新製品だけでなく既存品を含めた総合(HERO PRODUCT)のベスト3を紹介する。

 百貨店・セミセルフショップの「クレンジング・洗顔」部門の新製品1位は、「クレ・ド・ポー ボーテ(CLE DE PEAU BEAUTE)」の“シナクティフ サボンn”が輝いた。「メイク落とし+洗顔ができる手軽さが好評」「シナクティフラインへのエントリーとして人気」とバイヤーコメント。2位は「スック(SUQQU)」の“ポア クレンジング セラム”、3位は「アテニア(ATTENIR)」“スキンクリア クレンズ オイル アロマタイプ”(限定デザインボトル)と、「アルビオン(ALBION)」“エクシア クレンジングオイルジェル”、「サボン(SABON)」“フェイスポリッシャー ピュリファイング”が同率でランクインした。

 総合では、「シュウ ウエムラ(SHU UEMURA)」の“アルティム8∞ スブリム ビューティ クレンジング オイル”が1位を獲得した。安定のロングセラー製品で「美容液効果・エイジングケア効果が期待できると人気」とバイヤーも太鼓判を押す。2位は「ファンケル(FANCL)」の“マイルドクレンジングオイル”、3位は「シャネル(CHANEL)」“ムース ネトワイヤント”だった。(価格は全て税込)

新製品

1位 “シナクティフ サボンn”

「クレ・ド・ポー ボーテ」

 資生堂のハイプレステージブランド「クレ・ド・ポー ボーテ」の最高級ライン“シナクティフ”が、先進のリンパ管研究を進化させ、新成分ピュリファイングB(保湿・整肌)を配合してリニューアル。“サボンn”はカシミアのような上質泡で毛穴の奥の汚れや古い角質までをオフし、透明感溢れる明るい肌へと導く。熟練の職人により、一つ一つ丁寧に作られ、美しいビジュアルも好評だ。(100g、1万2100円 レフィル100g、1万1000円)

2位 “ポア クレンジング セラム”

「スック」

 “大人の毛穴”にフォーカスした新スキンケア。余分な角質や皮脂、メイク汚れなどが混ざった角質により、目立ち始める大人の毛穴悩みに独自開発の新処方とテクスチャーで解消する。改良を重ねたメルティング クリア処方と指どまりの良いテクスチャーが、小鼻周りや頬などの細かな部分にも密着。角栓や余分な皮脂をとろりと落とし、テカリを抑え、そして汚れを落として肌くすみまでクリアに。つるっとした滑らかな肌に導いてくれると人気を集めている。(50mL、4400円)

3位 “スキンクリア クレンズ オイル アロマタイプ”(限定デザインボトル)

「アテニア」

 “スキンクリア クレンズ オイル” は、メイクだけではなく、酸化と糖化による“肌ステイン”もオフし、気になる毛穴の汚れやくすみを残さず、明るい素肌をかなえるクレンジングの実力派。世界中から愛されるキャラクター「ベティー ブープ(Betty Boop)」とのコラボレーションデザインがランクインした。人気イラストレーター大橋美由紀さんによるハイセンスでスタイリッシュなデザインは、毎日のクレンジングタイムにときめきをもたらした。限定のため完売。(175mL、1870円)

3位 “エクシア クレンジングオイルジェル”

「アルビオン」

3位 “フェイスポリッシャー ピュリファイング”

「サボン」


総合

1位 “アルティム8∞ スブリム ビューティ クレンジングオイル”

「シュウ ウエムラ」

 ブランドの原点であるクレンジングオイルは、ニーズや使用感などで選ぶことのできる5種をラインアップ。中でも “アルティム8∞”は植村秀の美学と情熱を注ぎ込んだベストセラーアイテムで人気が高い。肌本来の水分バランスに考慮して配合した75%のスキンケア成分は、潤いを与えながら気になる毛穴汚れや皮脂を一掃する。人の皮膚と同じ成分で知られる椿オイルは日本産を採用するなど、厳選の植物由来オイルは8種類配合。肌の上に置いたオイルを乳化させて洗い流した肌はしなやかで滑らか。(150mL、5060円 450mL、1万2650円)

2位 “マイルドクレンジングオイル”

「ファンケル」

 1997年のデビュー以来、支持を集め続けるアイテム。2017年のリニューアルでは市場調査結果を反映して毛穴に詰まった角栓のケアにも考慮してパワーアップし人気作まで成長した。累計売り上げ本数1億本を達成。落ちにくいメイクも、ザラつきも、毛穴につまったあらゆる角栓にも対応。“するんとオフオイルα”と“毛穴つるすべオイル”の働きで素早く浮かせてまとめてオフする。潤いを守って洗い上げるので、乾燥による小ジワを目立たなくするのも特徴だ。(120mL、1870円)

3位 “ムース ネトワイヤント”

「シャネル」

 豊かな泡に変化する洗顔フォームで、ラグジュアリーな使用感に人気が集まった。外的ストレスやバリア機能に働く2種類の海洋由来成分を配合し、肌を清潔に保ち、肌表面の汚れやメークアップの残り、大気汚染物質、ほこりや汗までもおだやかに落とす。心地よく、さわやかな洗い上がりで潤いと透明感をかなえる。(150mL、5720円)

PHOTO : HIROKI WATANABE
TEXT : AKIRA WATANABE,AKIKO FUKUZAKI

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッションで明るい世界を描こう 2022年春夏メンズ&21-22年秋冬オートクチュール特集

「WWDJAPAN」8月2・9日の合併号は、2022年春夏メンズ&2021-22年秋冬オートクチュールコレクション特集です。メンズでは、リアルショーを行った「ジョルジョ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)」「ディオール(DIOR)」の現地取材に加え、デジタル発表でインパクトを残した「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」「プラダ(PRADA)」「バーバリー(BURBERRY)」など…

詳細/購入はこちら