ビューティ

「アディクション」2021年秋コレクション カラーマスカラや人気のマットリップ新色も

 「アディクション」は2021年秋コレクション“センス オブ クラリティ(SENSE OF CLARITY)”を8月6日に発売する。クリエイティブ・ディレクターKANAKOが、海が見せる一瞬一瞬の表情から着想を得た深海のようなディープカラーから水面のきらめきのような淡いカラーがそろう。

 注目は新開発の極細ブラシで毛1本1本をコートする “ザ マスカラ カラーニュアンスWP”(全10色、税込各4180円)。艶やかで深みのあるカラーやあえてまつ毛の存在感を消すカラーなど10色がそろう。KANAKOは「色で遊びながらも、肌なじみの良さを意識して、深みやくすみのあるカラーを作った。アイシャドウの色みに近いカラーマスカラを組み合わせれば、3Dでグラデーションを作ることができ、まつ毛が自然となじむふんわりとした印象に。アイシャドウと反対色を選べば、さりげなく存在感を出すことができる」とコメント。軽やかで濃密なまつ毛に仕上げ、美しいカールが持続するのも特徴だ。

 昨年夏に発売した “ザ マット リップ リキッド”(新5色、税込各3520円)には、海からインスピレーションを得た新色を追加する。まるで付けていないかのような軽やかなつけ心地で“無重力リップ”と話題になり、マスクに色移りしにくいことからリピート購入も多いヒットプロダクトになったという。

 そのほか、パール・マット・スパークル3つの質感が楽しめるアイシャドウパレット“コンパクトアディクション センス オブ クラリティ”(限定3種、税込各6600円)と、サンゴを連想させるピンクや深海のような深いブルーなどの新色が“ザ ネイルポリッシュ L”(全6色、税込各1980円)にも登場する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら