ビューティ

立体眉をつくる 「アディクション」の新アイブロウコレクションが登場

 「アディクション(ADDICTION)」はアイブロウコレクション” Fresh & Sophisticated”を7月2日に発売する。クリエイティブディレクターKANAKOが理想とするのは、地肌が透けた、まるで自眉のようなフレッシュさと繊細さを備えたアイブロウ。新作として、アイブロウマスカラや極細のリキッドアイブロウ、毛質にこだわったアイブロウブラシがそろう。

 ブランド史上最も細いブラシを採用した“アイブロウマスカラ マイクロ”(全6色、税込各3080円)は、うぶ毛の1本1本を細かくキャッチ。自眉のような自然な仕上がりをかなえる。みずみずしいテクスチャーで重ね塗りしてもダマになりにくく、繊細で毛流れの整った空気を含んだような立体眉が1日中続く。

 “アイブロウリキッド マイクロ”(全4色、税込各2750円)は、毛の1本1本を再現するアートメイクのように繊細に描ける極細のリキッドタイプのアイブロウ。自然な発色で、浮かずに本物の毛のように溶け込む。

 さらに、パウダーアイブロウ“プレスド デュオ アイブロウ”(全4色、うち新2色、税込各2750円)とペンシルタイプの“アイブロウ ペンシル”(全4色、うち新2色、税込各1320円)には新色が加わり、より一人一人になじむ色みを選べるよう進化する。

 マスカラとリキッドのみで仕上げれば作り込みすぎずまるで自眉のようなアイメイクを際立たせるラフな仕上がりに。パウダーとペンシルで陰影を仕込み、くっきりと際立たせて抜け間のあるアイメイクと合わせればシックでスタイリッシュな目元が楽しめる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら