ビューティ

「アディクション」が初のクッションファンデ 新ベースメイクアップは“光レイヤード”を提案

 「アディクション(ADDICTION)」は4月23日、ブランド初となるクッションファンデーションを発売する。ベースメイクアップ コレクション“スキン リフレクト”を提案し、光を操る“光レイヤード”で素肌を生かした自然な立体感のある肌をかなえる。

  “スキン リフレクト”は、超薄膜なのに高いカバー力、素肌を活かした自然な艶が18時間持続、毛穴の凹凸は光でカバーが特徴。代表アイテムの“スキンリフレクト ラスティング UV クッションファンデーション”SPF50+/PA++++(全6色、各4500円)は、ブランド初のクッションファンデーション。適度に光を透過するヌードカバーリフレクトパウダー配合で、肌と一体化したような自然な仕上がりをかなえ、軽やかなつけ心地と自然な艶が18時間持続する。“超薄膜”の素肌感覚で使用できるテクスチャーもポイントだ。

 “シルキーバーム プライマー”(4200円)は、バームタイプのとろけるようなテクスチャーの化粧下地。塗布時はとろけるように潤い、肌に密着するとさらさらとしたシルキータッチへと変化する。ソフトフォーカス効果で毛穴や凹凸をカバーして滑らかに肌を整える。

 「ファンデーションを塗っていても素肌を感じられる肌づくりに力を入れてきた。クッションファンデは粉っぽくならず、肌に負担を感じさせない軽やかなつけ心地を目指した。プライマーは全顔にも使えるが毛穴が気になるところへの部分使いがおすすめ」とKANAKOアディクションクリエイティブディレクターは話す。

 そのほか、超微細なマイクロミストが使い心地の良い化粧崩れやマスクなどへの二次付着を防ぐ“メイクアップ フィックス マイクロ ミスト”(2500円)と、新配合のポアクリアオイルが毛穴目立ちの原因となる角栓へもアプローチする“オイルクレンジング オールデイリセット”(150mL、3500円/250mL、5000円)も同日発売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら