ビューティ

5月のヒットランキング「ボディーケア」TOP5 三越伊勢丹「ミーコ」&コスメキッチン編

有料会員限定記事

 おうち時間が増えて、ボディーケアに力を入れる人が増えている。今回は、「ボディーケア」のヒット製品をリサーチ。対象は、ボディークリーム、ボディーバーム、ボディーローション、ボディーオイルとし、ボディーソープは除外した。三越伊勢丹の化粧品オンラインストア「ミーコ(MEECO)」と、セレクトショップ「コスメキッチン(COSME KITCHEN)」にアンケートを実施。2021年5月の「ボディーケア」売り上げトップ5から、人気商品の傾向を紐解く(集計期間:2021年5月1日~31日)

【ミーコ】
前年同月比1.5ポイント伸長。香りに特徴あるアイテムが上位に

1位「ネロリラ ボタニカ(NEROLILA BOTANICA)」“ホーリーハーバルシャワー 2021”(100mL、税込4290円※数量限定)
2位「クラランス(CLARINS)」“ボディ フィット”(200g、税込8800円/400g、税込1万3200円※数量限定)
3位「シロ(SHIRO)」“サボン ボディミルク”(195g、税込4180円)
4位「イソップ(AESOP)」“イソップ ボディスプレー”(50mL、税込3630円)
5位「シロ」“ホワイトリリー ボディミルク”(195g、税込4180円)

 三越伊勢丹の佐々木優衣スーパーバイザーはベスト5について「1位『ネロリラボタニカ』は、ホーリーバジルの蒸留水をベースにフランキンセンス、カミツレをブレンドしたリフレッシュミスト。保湿だけでなく、日焼け後のクーリングや、メイクの上からなど幅広く使える。毎年楽しみにしている方も多い」と話す。

この続きを読むには…
残り2067⽂字, 画像6枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら