ビューティ

黒田エイミ&Dai Michishita夫婦がライフスタイルブランド立ち上げ 第1弾はヘア&ボディーオイル

 モデルの黒田エイミはパートナーでもあるヘアスタイリストDai Michishitaとライフスタイルブランド「サン アンド ソイル(SUN AND SOIL)」をスタートした。黒田は20代後半に後天性の肌アレルギーを発症し、その悩みに寄り添ったオーガニックコスメとの出合いをきっかけに「ジェンダーレスでエイジレス、誰もが心癒される最高のオーガニックケアを提供したい」という思いからブランドを立ち上げた。第1弾では、コスモスオーガニック認証を取得したヘア&ボディーオイルを8月8日に発売する。5月19日からは公式オンラインストアで先行販売しており、一般実店舗での取り扱いは今のところ未定だ。

 ヘア&ボディーオイル「“Healing”バラシングオイルセラム」(50mL、税込7480円)は、“本能に触れる”をコンセプトにした香りを追求し、約2年の期間を経て開発した。黒田は、「当初はフェイスオイルを考えていたが、香りの印象を強めたく、(パートナーであり共にプロデュースするMichishitaが)ヘアスタイリストでもあるので、まずは1品でヘアケアを含めた全身ケアオイルを作った」と話す。そこで、自律神経のバランスケアをサポートし、心身ともに深い癒しを与える香りを調合、ヘアケアへの有効成分も配合した。有機栽培の植物だけを用いたココナッツオイルやオリーブオイル、月見草オイルなど7種のオイルをベースに、オーガニック認証のゼラニウムやシダーウッドなど13種類の精油をブレンドしている。

 今後は、ビューティ以外にファッションやウエルネス、フードなど“生活を豊かにする”商品を展開する予定だ。Michishitaは、「ウェブでも好評の声をいただいている。インスタグラムやYouTubeなどコミュニケーションツールを使い、ユーザーと一緒にブランドを育てていきたい」と意気込む。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら