ビューティ

「フェラガモ」から自由自在に重ねられる初のフレグランスが登場

 「サルヴァトーレ フェラガモ(SALVATORE FERRAGAMO)」から、ブランド初のレイヤリング(重ね付け)フレグランス“ストリエ ディ セタ(Storie di Seta)”が登場した。「サルヴァトーレ フェラガモ」を象徴するシルクのクリエイションにインスパイアされたシリーズだ。

 コレクションは、4種類のオーデパルファムと2種のブースターをそろえ、それぞれ単独でも、複数の香りを組み合わせて使うことが可能だ。オードパルファム“ジャルディーニ ディ セタ”は赤い果実のジューシーなテイストをムスクで包み込んだフローラル フルーティ、“ジュングレ ディ セタ”は生き生きとしたグリーンピースとピオニーブロッサムのコントラストが生み出すエキゾチックなフローラルグリーン、“サヴァーネ ディ セタ” ははつらつとした黄色野菜とサンダルウッドのミルキーな香りが合わさった官能的なシトラスフローラル、“オセアニ ディ セタ”はピュアなマグノリアと柔らかなヘリオトロープが奏でるフローラルアクアの香り。それぞれにはシルクを表現したアコード(香り)を配合しており、これにより何種類を重ねても香りがぶつかることなく調和される。ブースターはムスキーなタイプと、ウッディーなタイプの2種をラインアップする。

 香水は50mLサイズと100mLサイズに加え、ミニサイズのオードパルファムを4種類セットにした“ディスカバリーキット”、ブースターのローラーボールタイプ2種類をセットにした“ブースターキット”を販売する。

  なお、「サルヴァトーレ フェラガモ」はこれまで約20年にわたり自社で手掛けてきたが、現在大手フレグランスメーカー、インターパルファム(INTERPARFUMS)との提携を交渉中だという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら