ビューティ

売れたアイテムを発表! 美容機器・ツール1位は「タングルティーザー」「シック」「エフェクティム」「イミュ」 「WWDJAPAN 2021上半期ベストコスメ」バラエティー・ドラッグストア

 「WWDJAPAN 2021上半期ベストコスメ」を発表! 「WWDJAPAN」は、百貨店・セミセルフショップ、バラエティー・ドラッグストアで2021年上半期(1~4月)に売れた製品を調査。この期間に発売された新製品(NEW PRODUCT)のベスト3と、新製品だけでなく既存品を含めた総合(HERO PRODUCT)のベスト3を紹介する。

 バラエティー・ドラッグストア「美容機器・ツール」部門の新製品は3つの製品が同率1位となった。一つ目は「タングルティーザー(TANGLE TEEZER)」“ザ・ウェットディタングラー アイリススパークル”。バイヤーは「セルフケアの需要が高まり、濡れ髪用ブラシが伸長。中でもシルバーラメ×パープルのPOPな配色がヒットした」とコメント。二つ目は「シック(SCHICK)」“極”で「ブランド史上最高のアイテム。CM効果も人気の一因に」と語った。三つ目は「エフェクティム(EFFECTIM)」“3D ビューティリフティング アクティベーター”で、「1回6分で最適な効果を実感できると人気を集めた」と評価した。

 総合1位は「イミュ(IMJU)」“アイプチ(R) ビューティ フィットカーラー”に決定。「WWDビューティ ベストコスメ2020」では新製品・総合ともに1位で、引き続き好調をキープした。バイヤーは「目に当てる部分がほかにない広さで支持されている。発売から1年経っても不動の人気」と語る。2位は、「サロニア(SALONIA)」“ダブルイオン ストレートアイロン SL-004S”と、「エトヴォス(ETVOS)」“リラクシングマッサージブラシ”が同率となった。(価格は全て税込)

新製品

1位 “ザ・ウェットディタングラー アイリススパークル”

「タングルティーザー」

 イギリス生まれの濡れ髪専用ヘアケアブラシ。持ち手は、人間工学に基づいて設計されていて濡れた手で持っても滑りにくい。ブラシは長短2段構造になっていて、長いブラシで髪のもつれと絡まりをほぐし、短いブラシでキューティクルを整える。髪の根元から毛先までトリートメントを均一に塗布でき、デリケートな濡れ髪をスムーズにときほぐす。丸洗いが可能でお手入れが簡単な点も人気だ。(2200円)※販売状況は変更となる可能性がある。

1位 “極”

「シック」

 「シック」ブランド100年のノウハウを結集した日本だけのオリジナル・フラッグシップモデル。金属アレルギーが起こりにくいと言われる「チタンコート」5枚刃を採用。ココナツオイル(ヤシ油)配合のジェルプール付きで、肌を潤しながら簡単に剃ることができる。カラーは「大人のちょっといいもの」をコンセプトにした、深く艶のあるブラック。コロナ禍でセルフケアしたい女性のニーズも取り込んだ。(82g、1408円)

1位 “3D ビューティリフティング アクティベーター”

「エフェクティム」

 資生堂とヤーマンによるエイジングケアブランド「エフェクティム」。取り扱い店舗で肌解析と専門知識を持ったスタッフによるカウンセリングを受けることで、ホームケアとして“3D ビューティリフティング アクティベーター”を購入できる仕組み。肌解析の結果に基づき、解析時の肌状況に最も必要な「波形プログラム」をインストールする。美容機器には新テクノロジーを搭載。7つの電極から同時に複数のエネルギーが発せられ、肌の深層にアプローチする。(8万2500円※編集部調べ)


総合

1位 “アイプチ(R) ビューティ フィットカーラー”

「イミュ」

 日本人の「眼球サイズ」+「まぶたの厚み」に着目した、独自のカーブと形状のアイラッシュカーラー。まつげの根元をひっぱり出す高さのあるプレート、目頭から目尻まで一気につかめるカーブ、弾力にすぐれたクッションゴムで、まつげを根元からカール。ひとえ、奥ぶたえの人の目元もパッチリさせてくれると不動の人気を誇る。マスクメイクで、アイメイクにポイントを置きたい人から支持された。(1650円)

2位 “ダブルイオン ストレートアイロン SL-004S”

「サロニア」

 24mmのストレートアイロン。温度設定はダイヤル式で、120℃~230℃の範囲で温度調整が可能。電源を入れてから、約30秒で使用可能な温度に到達するため、忙しい朝のスタイリングにも重宝。チタニウムプレートと噴射口からマイナスイオンをダブル放出し、キューティクルを保護し熱によるダメージを軽減する。「コンパクトで使いやすい」と根強い人気を誇る。(345g、3278円※編集部調べ)

2位 “リラクシングマッサージブラシ”

「エトヴォス」

 シャンプーブラシ、マッサージブラシ、ツボ押しブラシとマルチユースな頭皮ケアブラシ。柔らかな樹脂製の突起は、ツボを程よく刺激する絶妙な硬さ。インバスでは、シャンプーをよく泡立てた状態でブラシを頭皮に当て、小刻みに動かすようにマッサージ。頭皮の汚れを浮かし、血行を促進する。アウトバスでは、多くのツボが集中していると言われる頭皮、首のつけ根、こめかみのツボ押しに活躍する。「セルフケア」意識の高まりもあり好調。(1760円)

2位 “マスカラコーム メタルN”

「チャスティ」

2位 “EMS ヒートネック”

「マイトレックス」

PHOTO : HIROKI WATANABE
TEXT :MISA KOTAKE

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら