ファッション

「アディダス」がアーティストの高橋理子とコラボ 法被ジャケットなど全89アイテム

 「アディダス(ADIDAS)」は6月11日、アーティストの高橋理子とのコラボコレクション「ヒロコ タカハシ コレクション(HIROKO TAKAHASHI COLLECTION)」を発売した。ウエアからシューズ、アクセサリー、スポーツまでカテゴリーを横断した全89アイテムで構成する。11日から「アディダス」渋谷店と新宿店などでは、同コレクションにファーカスしたポップアップイベントを開催中だ。

 アイテムには、高橋が手がけた円と直線がモチーフのグラフィックをプリント。法被ジャケット(税込8789円)や浴衣ジャケット(同8789円)など、和の要素を取り入れたブランド初のアイテムも登場した。

 高橋は、「制約から生まれる無限の可能性」をテーマに着物を表現媒体としたアートワークや、オリジナルブランド「ヒロコレッジ(HIROCOLEDGE)」を手掛ける。今回のコレクションについて高橋は、「一つ一つグラフィックの出方を吟味しながら制作した。『アディダス』の機能素材にグラフィックを乗せると、白と黒のコントラストがはっきりと現れ、スポーツウエアだからこそのモチベーションが上がるような力強さを表現できた。着物が身近でない若い世代の人たちが、日本らしい法被ジャケットのようなアイテムを新鮮に捉えて、それぞれのファッションに自由に取り入れてくれることを期待している」と話した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら