サステナビリティ

「アディダス」と「オールバーズ」が“低炭素”フットウエアを共同開発

 「アディダス(ADIDAS)」と「オールバーズ(ALLBIRDS)」は5月12日、コラボレーションアイテムの第一弾“フューチャークラフト.フットプリント(FUTURECRAFT.FOOTPRINT)”のプロトタイプを発表した。このプロトタイプは100足制作されており、アディクラブ(adiCLUB)会員に抽選プレゼントする。抽選受付は5月21日午前8時59分まで(日本時間)。“フューチャークラフト.フットプリント”2021年秋冬は1万足を販売し、22年春夏以降はさらに拡大していく。

 “フューチャークラフト.フットプリント”はカーボンフットプリント2.94kgCO2eを実現。これは「アディダス」のランニングフットウエア“アディゼロ RC3(アディゼロ RC3)の7.86kgCO2eに比べて63%削減した数字で、「カーボンフットプリントゼロのパフォーマンスランニングフットウエアを作る」という両者の共通の目標を一歩前進させた。両社は20年5月にパートナーシップを結び、フットウエア業界が1年間に排出する700億tのCO2排出削減に向けたコラボレーションプロジェクトを発表していた。

 「アディダス」と「オールバーズ」、ドイツとサンフランシスコに拠点を置く開発チームは、開発から納品までを全てデジタルで行い、カーボンフットプリントを抑える開発プロセスを採用。プロダクトデザイン、素材イノベーション、サステナビリティ、サプライチェーンの全てにおいて分析的な手法を用いて、あらゆる構成要素とプロセスの見直しを行い、パフォーマンスを損なうことなく、素材、製造技術、パッケージまでを再考した。

 イノベーションの相乗効果を発揮したのは、各ブランドの独自技術である2つのテクノロジーだったという。アディダスで人気のミッドソール“ライトストライク(Lightstrike)を、オールバーズのサトウキビをベースにした“スウィートフォーム(SweetFoam)”で再構築し、低炭素の天然素材の実装を実現した。アッパーも新たに開発し、リサイクルポリエステル70%と木材パルプから作られたテンセルを30%使用した。

 アディダスのブライアン・グレヴィ(Brian Grevy)グローバルブランド エグゼクティブボードメンバーは「オールバーズとのパートナーシップは、同じ業界の競合するブランドが一緒になってデザインすることで、どのような可能性が生まれるかを示す道しるべとなる。オールバーズのカーボンフットプリント算出に関する知識や天然素材を扱う経験、アディダスの製造能力やパフォーマンス・フットウエアの実績など、お互いの知識やリソースをオープンにし、真の意味での共同作業を行うことは、他のブランドへの呼びかけになり、スポーツ業界がカーボンニュートラルを達成するためのひとつのマイルストーンとなる」とコメントを発表。

 またオールバーズのティム・ブラウン(Tim Brown)共同CEOは「気候変動の解決という課題は私たちの世代の問題であり、その解決は一人や一社ではできない。私たちは、新しいビジネスモデル、新しいイノベーション、そして他者と共に働く新しい方法を見つける必要がある。アディダスとのパートナーシップはその一例だ。この1年間2つのチームが一丸となって、カーボンフットプリントゼロに限りなく近いフットウエアの開発に取り組んできた。その結果エキサイティングな一歩を踏み出すことができ、他のチームの模範となるような成果をあげることができた」とコメントした。
 
 アディダスのフローレンス・ロバート(Florence Rohart)シニア・フットウエアデザイナーは「このプロジェクトでは全てにおいて、『Less is more(少ないことは良いことである)』だった。素材だけでなく構造もミニマムにするために、パフォーマンスを維持するために本当に必要なものだけを残した」と話し、オールバーズのジェイミー・マクラーレン(Jamie McLellan)ヘッド・オブ・デザインは「アッパーと外側の構造は、タングラム原理から着想を得た。廃棄物を削減するために全ての個別パーツで素材全体を使い切っており、製造時にできるだけゴミが出ないようになっている」と話した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。