ファッション

「アディダス」と「マリメッコ」が初コラボ 波モチーフの“スタンスミス”やスポーツウエア

 「アディダス(ADIDAS)」は、「マリメッコ(MARIMEKKO)」との初のコラボコレクションを6月10日に発売する。「アディダス」直営店と公式ECサイト、公式アプリ、一部の「アディダス」取り扱い店舗で順次販売する。

 コレクションは「アディダス」の女性チームが手掛け、「探究心を持つ女性にインスピレーションを与えるデザイン」として「マリメッコ」のアーカイブからセレクト。アンニカ・リマラ(Annika Rimala)による波をモチーフにした作品「ライネ(Laine)」と、マイヤ・ロウエカリ(Maija Louekari)によるラグに着想を得た「ラシィマット(Räsymatto)」を採用した。

 アイテムは、タンクドレス(税込1万2100円)やトラックトップ(同1万989円)、トラックパンツ(同9889円)、ランニングショーツ(同4939円)、Tシャツ(同4389円)など。コラボデザインの“スタンスミス(STAN SMITH)”(同1万3200円)は「ライネ」をアッパーに施し、ヒール部分には鮮やかなカラーのトレフォイルをアクセントに加えた。“スタンスミス”は公式アプリと一部の取り扱い店で抽選販売する。

 レベッカ・ベイ(Rebekka Bay)「マリメッコ」クリエイティブ・ディレクターは「70年前に誕生以来、『マリメッコ』の理念はドレスを着て走れるようにするというものだった。今回のコレクションを通じて、この考え方が進化を遂げ、新しい次元で実現できた。機能性と遊び心を兼ね備えたコレクションの目的は、日常の喜びを刺激すること。前向きな心と好奇心、自分に力を与えるというメッセージが、多くの人にインスピレーションを与えることを願っている」とコメントした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら