ファッション

「マリメッコ」の新クリエイティブ・ディレクターに前「ユニクロ」R&Dのレベッカ・ベイ

 フィンランド発のライフスタイルブランド「マリメッコ(MARIMEKKO)」が新クリエイティブ・ディレクターにデンマーク出身のレベッカ・ベイ(Rebekka Bay)を指名した。

 ベイは「コス(COS)」の立ち上げ時からクリエイティブ・ディレクターを務め、その後「ギャップ(GAP)」のエグゼクティブ・バイス・プレジデント兼クリエイティブ・ディレクター、「エバーレーン(EVERLANE)」のクリエイティブ責任者を歴任した。

 2017年から「ユニクロ(UNIQLO)」のニューヨークのリサーチ&デベロップメントセンターのクリエイティブ・ディレクターを務めていたが、現在は退社している。「マリメッコ」の取締役も17年から兼任していたがその役を降り、今年9月にクリエイティブ・ディレクターに就任する予定だ。

 ティーナ・アラフフタ・カスコ(Tiina Alahuhta-Kasko)=マリメッコ最高経営責任者(CEO)は彼女のアジアをはじめとする国際市場での経験を高く評価し、「クリエイティブなビジョンと商業的思考を持ち合わせたリーダーだ」と語った。

 ベイの就任後も、サトゥ・マーラネン(Satu Maaranen)はウエア、バッグ、アクセサリーのヘッド・デザイナーを引き続き務める。同様にミンナ・ケメル・クトゥボネン(Minna Kemell-Kutvonen)はプリントデザインおよびホームコレクションのディレクターを引き続き担当し、2人はベイの直属となる。

 「マリメッコ」はアラフフタ・カスコCEOの下、幅広い層にアピールできるより現代的な製品を生み出そうとしており、「ユニクロ」とのコラボラインも発表した。今回のベイの就任で国際市場での更さらなる知名度の向上を狙う。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら