ビジネス

「アディダス」とビヨンセのコラボ第3弾発売 ゲレンデとストリートが融合

 「アディダス(ADIDAS)」とビヨンセ(Beyonce)のブランド「アイビーパーク(IVY PARK)」は19日、コラボコレクション第3弾“アイシーパーク(ICY PARK)”を発売する。ウインターシーズンをテーマにゲレンデウエアとストリートの要素を融合させ、モデルのヘイリー・ビーバー(Hailey Bieber)やラッパーのグッチ・メイン(Gucci Mane)、歌手のカーシュ・ペイジ(Kaash Paige)らをキャンペーンビジュアルに起用した。店頭での販売やグローバル展開は20日から開始する。

 アイテムは「アイビーパーク」の新モノグラムを採用したアパレルやシューズ、アクセサリーを用意。サイズはXXXSから4Xまでそろえ、価格はアクセサリーの30ドル(約3100円)からアウターウエアは850ドル(8万9000円)まで。素材にはフェイクムートンやパイル地を使用した。

 シューズは第1弾から販売している“アイビーパーク ウルトラブースト”、“スーパー スリーク”の新配色モデルに加え、ローカットやミドルカットのアイテムを用意した。また新たにトレッキングスタイルの“アイビーパーク スーパー スリーク ブーツ”も取り扱う。

 「アイビーパーク」は、ビヨンセとトップショップ(TOPSHOP)のフィリップ・グリーン卿(Sir Phillip Green)が2016年4月に共同設立したアスレジャーブランド。その後18年11月にビヨンセが全株式を取得した。「アディダス」とは19年4月に提携を発表し、第1弾を公開。続く20年10月の第2弾を含め、シューズとアパレルで協業を重ねている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら