ビジネス

EC支援のBASE、売上高2倍で初の黒字 20年12月期

 ネット通販(EC)の支援などを手がけるBASEの2020年12月期は、売上高が前期比115.3%増の82億円、営業損益が8億300万円の黒字(前期は4億4100万円の赤字)、純損益が5億8400万円の黒字(同4億5900万円の赤字)だった。通期での営業黒字は初めて。コロナ禍によって消費市場のECシフトが進んだため、主力のBASE事業の流通総額(GMV)が2.2倍に急成長した。

 同社は使いやすいシステムと手頃な料金で中小企業や個人商店のEC支援を行ってきた。これまでは先行投資が続いていたが、当期の急成長によって黒字化を果たした。BASE事業のGMVは1〜3月期が125億円(前年同期比38%増)、4〜6月期が310億円(同198%増)、7〜9月期が253億円(同125%増)、10〜12月期が263億円(同115%増)だった。期末のネットショップ開設数は前期比88%増の約130万。テレビCMなど宣伝費に投資したため販管費は同56.7%増加したが、売上高の伸びで吸収した。

 21年12月期の業績予想は、売上高が97億5000万〜105億3600万円(前期比17.6〜27.1%増)、営業損益が9億2900万〜14億3300万円の赤字、純損益が9億3300万〜14億3700万円の黒字とした。認知拡大のための広告宣伝費や新サービス開発のための人件費などの投資を増やすため、販管費が膨らむ。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら