ファッション

「無印良品」の良品計画がESG投資指標の構成銘柄に初選出

 「無印良品」を運営する良品計画はこのたび、ESG(環境、社会、ガバナンス)経営に優れた日本企業の指標である「FTSE Blossom Japan Index」の構成銘柄に初選出されたと発表した。同社がこのようにESG関連のインデックスに選出されるのは初だという。

 同インデックスは、英拠点の金融データ会社FTSE RussellによるESG投資指標。同社はグローバルなESG投資指標として知名度の高い「FTSE4Good」も提供している。企業の社会的責任や持続可能性に注目が集まる中で、機関投資家らは投資先企業の選定において、こうしたESG投資指標をますます重視するようになっている。

 2020年12月版(良品計画が選出されたのは21年6月版)の「FTSE Blossom Japan Index」には201社が選出されていた。ファッション・ビューティ、商業施設、小売り関連では、帝人、東レ、クラレ、旭化成、花王、資生堂、コーセー、伊藤忠商事、丸井グループ、イオン、ヒューリック、三井不動産、三菱地所、ファーストリテイリング(順不同)など。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら