ファッション

さまざまな身体の当事者が考える“多様なファッション” 「ハトラ」「コトハヨコザワ」×車いすジャーナリト徳永啓太

有料会員限定記事

 社会ではさまざまな人種や性別を認める動きがあり、ファッションも例外ではない。ここでは、身体機能を拡張するファッションやテクノロジーを通じて、多様な身体像を表現するプロジェクト“トゥルー カラーズ ファッション”に参加した「ハトラ(HATRA)」「コトハヨコザワ(KOTOHAYOKOZAWA)」の2ブランドを取材した。(この記事はWWDジャパン2021年5月24日号からの抜粋に加筆しています)

「ハトラ」は当事者が意見を言える“未来のたたき台”となったトレンチ

 長見佳祐デザイナーが手掛ける「ハトラ」は、骨肉腫のために“片腕のない人が着る服”を考えて、左右非対称という共通項を持つトレンチコートをデザインした。「誰でも着られる服では、本当に届けたい人に対してのデザインが欠けてしまう」と考え、まずはモデルが一番着やすく、そして美しい佇まいになるよう仕上げたという。「片腕がない」といっても、状況は一人ひとり異なる。このコートは「答え」ではなく「スタート」となるように、ボタンやファスナーは数種類採用し、1着の中にさまざまな機能性を盛り込んだ。長見デザイナーは、このトレンチに触れることで「いろんな境遇の当事者が意見を言えるようになり、ファッションの多様性がさらに発展するための“未来の叩き台”になる」ことを望んでいる。

 モデルを務めた倉澤奈津子さんは「ハトラ」のトレンチコートに出会い、「片腕がないものとして、これまではざっくりとしか欲しい服が言えなかったけれど、どんな機能があれば嬉しいか人に説明できるようになった」と喜んでいた。ご自身が運営するNPO法人Mission ARM Japanの同じ境遇の人にも着てもらい、意見交換したいと希望していた。デザイナー長見佳祐さんとの打ち合わせでは、「多少着にくくても、胸を張って外に出られるアイテムが欲しい」とリクエストしたそう。ファッションとは利便性だけではなく、前向きに生活できるような、心を動かす力がある。

「コトハヨコザワ」は「ファッションで障がいを特別視しない関係性」

この続きを読むには…
残り1640⽂字, 画像5枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら