ファッション

「デシグアル」が大阪心斎橋店を拡張移転 “地中海”テーマにイビサ島の風景広がる

 スペイン・バルセロナ発の「デシグアル(DESIGUAL)」は、大阪心斎橋店の移転に伴い拡張リニューアルした。売り場面積は217平方メートルで、ウィメンズやメンズ、アクセサリーがそろう。2020年にグローバルで導入した、アートギャラリーをイメージした商品レイアウトを採用している。

 内装テーマは“地中海”。イビサ島やカナリア諸島などの風景写真を壁に貼り付け、天井にはライトボックスを設置した。「デシグアル」カントリーマネージャーのバラッシュ・クリザニック(Balazs Krizsanyk)は、「心斎橋にブランドレガシーを伝える新コンセプト店舗をオープンでき、とてもうれしい。パンデミックによりこのエリアの購買動向は大きく変化したが、新たな活気をもたらす店舗になるはずだ」と期待を込める。

 「デシグアル」は1984年にバルセロナで設立。2010年に日本上陸を果たし、東京・原宿と銀座に旗艦店を、名古屋、大阪、福岡などに直営店を持つ。

■デシグアル大阪心斎橋店
営業時間:11:00-20:00(当面の間)
定休日:無休
住所:大阪府大阪市中央区心斎橋筋2-2-23

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら