ファッション

ジンズが初のサステナブル商品、植物由来のサングラス“クラシック”を5⽉27⽇に発売

 ジンズ傘下のサングラスブランドで、NIGO®が監修を務める「ジンズ アンド サン(JINS&SUN)」は、同社初となるサステナブルコレクション“クラシック”を5⽉27⽇に発売した。フレームに植物を主原料とした生分解性の⾼い素材を用いており、ボストン、ウエリントン、サーモントの3型9アイテムからなる。価格は各5500円。

 “クラシック”は、王道のデザインに新たな素材や技術を付与するコレクションで、デビュー作最⼤の特徴は、アイウエアに広く使われるアセテート素材よりも微⽣物による生分解性が⾼いバイオプラスチック“M49”を使⽤していること。“M49”はイタリアの⽼舗アイウエア⽣地メーカー、マツケリ(MAZZUCCHELLI)が開発した素材で、「環境負荷を軽減するばかりでなく、美しい光沢と透明感、滑らかな⼿触りを兼ね備える」(プレス担当者)という。

 また“クラシック”は、リサイクルしやすいよう分解できる構造を採用しており、これにより「これまでにない細やかなメンテナンスができ、結果として⻑く愛用できる」。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら