ファッション

「グッチ」が「バレンシアガ」とコラボか 15日発表の最新コレクションで

 「グッチ(GUCCI)」が15日に発表する最新コレクションについて、業界ではアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)=クリエイティブ・ディレクターが「バレンシアガ(BALENCIAGA)」とコラボレーションをするのではないかと噂が立っている。デムナ・ヴァザリア(Demna Gvasalia)=アーティスティック・ディレクターが手掛ける「バレンシアガ」と「グッチ」は共にケリング(KERING)傘下だ。「グッチ」広報は噂へのコメントを拒否し、「バレンシアガ」広報からは返答が得られなかった。

 「グッチ」は2021年1月に米「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」や「ドラえもん」とのコラボコレクションを発表し、3月26日からEXOのKAI(カイ)とコラボレーションしたカプセルコレクションの販売している。数々の話題のコラボレーションを打ち出す同ブランドは、ファッションECの検索プラットフォーム、リスト(LYST)によるデータでは21年1〜3月の検索ランキングでトップだったという。「バレンシアガ」は20年12月、2021年秋コレクション(2021-22年秋冬に相当)をオンラインゲーム形式で発表したことで話題を集め、2位となった。

 「グッチ」最新コレクションは、オペラやクラシックなどで歌われる旋律的な独唱曲を指す“アリア(Aria)”と題した短編動画を通して発表する。創業100周年を迎える同ブランドの21年初めてのコレクション発表だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら