ファッション

「メゾン マルジェラ」が北海道に初出店 限定“タビブーツ”は過剰在庫のレザーをリサイクル

 「メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)」はこのほど、ジョン・ガリアーノ(John Galliano)=クリエイティブ・ディレクターのデザインコードやメゾンのルーツを反映した新店を丸井今井札幌本店にオープンした。北海道への出店は初めて。売り場面積は127平方メートルで、男女共通の“Co-Ed”コレクションをはじめ、ウィメンズとメンズのプレタポルテ、シューズ、バッグ、フレグランスなどを扱う。

 インテリアデザインは、これまでの店舗同様にオランダ人建築家のアンヌ・ホルトロップ(Anne Holtrop)率いるスタジオ アンヌ ホルトロップ(STUDIO ANNE HOLTROP)が手掛けており、布地の折り目や質感を石膏の壁や柱で再現した。通常は壁の内側に使用される石膏をむき出しにした構造で、工事途中のようなムードもポイントだ。

 オープンを記念して、ガリアーノが探し出したヴィンテージピースを修復・復元する“レチクラ(RECICLA)”シリーズから、過剰在庫で残った上質な皮革を再利用した“5ACバッグ”27万7200円(税込、以下同)と“タビブーツ”(16万600円)を発売する。

 同店舗では「エムエム6 メゾン マルジェラ(MM6 MAISON MARGIELA)」のスペースも併設し、ガーメントやシューズ、バッグ、アクセサリーをラインアップ。スペース内にはコンクリートブロックとパイプを組み合わせたラックやロールボックスパレット(カゴ付き台車)、ベルトコンベアーの什器を設置した。
 
 「メゾン マルジェラ」は、20年6月のロンドン・ブルートン通りへの出店を皮切りに、11月には大阪の心斎橋パルコ、中国・上海のショッピングモール「リール(REEL)」に新コンセプトのストアを出店している。

■メゾン マルジェラ 丸井今井札幌
オープン日:3月17日
時間:10:30〜19:30
場所:丸井今井札幌本店
住所:北海道札幌市中央区南1条西2丁目1-1丸井今井札幌一条館1階

最新号紹介

WWD JAPAN

2021-22年秋冬トレンド特大号 明るい未来に向けて心ときめく服を謳歌しよう

「WWDJAPAN」4月19日号は、2021-22年秋冬トレンドブックです。生活者の嗜好やニーズが細分化され、コロナがその流れに拍車をかける今、それでもデザイナーズブランドの新作をベースとしたトレンドをまとめるのは、半歩先の未来を見るデザイナーたちの視点に価値があるからです。コロナ禍でファッションに心地よさを求めた21年春夏からさらに歩みを進め、“ファッションで心踊らせたい” “オシャレを楽しみた…

詳細/購入はこちら