ファッション

美意識向上やコロナにより男性によるジュエリー需要が増加

有料会員限定記事

 新型コロナウイルス感染拡大で、リモートワークが進み生活が一変した。弊紙2月25日号の別冊付録「ビジネスリポート」の宝飾カテゴリー内アンケートで、男性によるジュエリー需要の高まりについての言及が幾つか見られた。そこで、三越銀座店、伊勢丹新宿本店、阪急うめだ本店、大丸心斎橋店およびメンズ需要が好調なブランドにその動向についてヒアリングし、メンズによるジュエリー消費の変化について分析する。(この記事はWWDジャパン2021年4月5日号からの抜粋です)

 メンズジュエリーといえば、「クロムハーツ(CHROME HEARTS)」などのシルバージュエリーが王道だった。ところがここ最近、その傾向に変化がでてきている。2月の「ビジネスリポート」でメンズの自家需要が顕著に現れたのは、「ダミアーニ(DAMIANI)」の“ベル エポック”ネックレス。また、「ミキモト(MIKIMOTO)」と「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCON)」のコラボレーションによるパールネックレスは、ホワイトのパールネックレス=女性用、冠婚葬祭用という概念を壊し、発売後1年以内に多くの男性が着用するようになった。男性によるジュエリーの着用は、2020年弊紙5月11日号の特集でも紹介したが、この1年間で男性による“メンズジュエリー”以外のジュエリーの自家需要が高まっている。

この続きを読むには…
残り2240⽂字, 画像6枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら