ファッション

美意識向上やコロナにより男性によるジュエリー需要が増加

有料会員限定記事

 新型コロナウイルス感染拡大で、リモートワークが進み生活が一変した。弊紙2月25日号の別冊付録「ビジネスリポート」の宝飾カテゴリー内アンケートで、男性によるジュエリー需要の高まりについての言及が幾つか見られた。そこで、三越銀座店、伊勢丹新宿本店、阪急うめだ本店、大丸心斎橋店およびメンズ需要が好調なブランドにその動向についてヒアリングし、メンズによるジュエリー消費の変化について分析する。(この記事はWWDジャパン2021年4月5日号からの抜粋です)

 メンズジュエリーといえば、「クロムハーツ(CHROME HEARTS)」などのシルバージュエリーが王道だった。ところがここ最近、その傾向に変化がでてきている。2月の「ビジネスリポート」でメンズの自家需要が顕著に現れたのは、「ダミアーニ(DAMIANI)」の“ベル エポック”ネックレス。また、「ミキモト(MIKIMOTO)」と「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCON)」のコラボレーションによるパールネックレスは、ホワイトのパールネックレス=女性用、冠婚葬祭用という概念を壊し、発売後1年以内に多くの男性が着用するようになった。男性によるジュエリーの着用は、2020年弊紙5月11日号の特集でも紹介したが、この1年間で男性による“メンズジュエリー”以外のジュエリーの自家需要が高まっている。

この続きを読むには…
残り2240⽂字, 画像6枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

2021-22年秋冬トレンド特大号 明るい未来に向けて心ときめく服を謳歌しよう

「WWDJAPAN」4月19日号は、2021-22年秋冬トレンドブックです。生活者の嗜好やニーズが細分化され、コロナがその流れに拍車をかける今、それでもデザイナーズブランドの新作をベースとしたトレンドをまとめるのは、半歩先の未来を見るデザイナーたちの視点に価値があるからです。コロナ禍でファッションに心地よさを求めた21年春夏からさらに歩みを進め、“ファッションで心踊らせたい” “オシャレを楽しみた…

詳細/購入はこちら