ファッション

気鋭ブランド「ミカゲシン」や「ベースマーク」がノミネート 東コレ頂上決戦“T-1グランプリ”予選第2夜 

 2021-22年秋冬シーズンの「楽天 ファッション ウィーク東京(Rakuten Fashion Week TOKYO以下、RFWT)」が15日に開幕しました。国内外から51ブランドが参加し、4割がリアルショーを行います。「WWDJAPAN.com」では、今シーズンのベストブランドをユーザー投票で決定する“T-1グランプリ“を開催!それに先駆け、記者3人がその日に発表したブランドの中から独断でグランプリ候補を選出します。今日のノミネートブランドはこの3つだ!


東コレ取材2シーズン目の現場取材担当の美濃島
「ミカゲシン(MIKAGE SHIN)」

見どころ:テーマの“プロセス”は、「絶望の時代でも、長い目で見れば通過点でしかない」と思いを込めて掲げたもの。そのメタファーとして、馬の重心の変化を描いたイラストをビンテージの医学書から引っ張ってきたり、ニーチェの言葉をコラージュしてテキスタイルにしたりと、アカデミックな視点のモチーフが面白かった。ドレープが美しいプリーツスカートやきれいにクセ取りされたテーラードジャケットなどに落とし込まれていました。ショーの予算の一部をクラウドファンディングで賄ったり、デザイナー自身がSNSでバンバン意見を述べたりと、型にはまらない働き方に新時代の到来を感じさせました。


7都市のファッションウイークを取材してきたコレクション担当の大杉
「ヒロココシノ(HIROKO KOSHINO)」

見どころ:シーズンタイトルは“突破口”を意味する“BREAKTHROUGH”。その名の通り、正統派のスタイルを崩しながら、自由に着飾ることを楽しむという突き抜けたコレクションでした。グレーのジャケットにはアニマルプリントのポケットが付いていたり、クラシカルな千鳥格子のニットには、編み目を分解したような柄があったりと遊び心も満載。動画は開放感のある自然の中で撮影されており、協業を続けてきたピアニストの横山幸雄による音楽が美しく融合しています。また、ヒロコ先生はアートとファッションを両立するまれなデザイナー。60年以上のファッションデザイナーの経歴に加え、墨絵や絵画の作品を生み出し続けており、動画内にも先生の墨を使った絵が登場していました。自己表現の大切さを学ばせてもらえるようなコレクションでした。


若手随一の“ファッションバカ”で東コレ初取材の大澤
「ベースマーク(BASE MARK)」

見どころ:金木志穂が手掛ける「ベースマーク」は、東コレ2回目の参戦。“CROSS THE LINE”をテーマに、クラシカルな西洋の伝統とモダンな東洋のカルチャーを融合しました。得意とする異素材のミックスや、クラシックなアイテムをモードに昇華するテクニックは健在。東洋でお守りや魔除けとして使われるフリンジの装飾が付くアイテムをはじめ、オリジナル素材にジャージーを斜めにドッキングしたセットアップ、ダッフルコートの袖や後ろ身頃の半分をパイルジャカードで切り替えたアウターなどを提案しました。これだけのテクニックを駆使しながら、コレクションピースで約12万円というコスパにもビックリ。これまでウィメンズブランドとして活動してきましたが、今シーズンからは男性モデルをムービーに起用するなど、ユニセックスブランドとして打ち出しています。個人的ネクストブレイク筆頭候補です!

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら