ビジネス

これぞ究極の顧客中心主義? エディターズレター(2021年2月25日配信分)

※この記事は2021年02月25日に配信した、メールマガジン「エディターズレター(Editors' Letter)」のバックナンバーです。最新のレターを受け取るにはこちらから

これぞ究極の顧客中心主義?

 コロナ禍で小売り企業がこぞってデジタル化に力を入れる中、「おぉ、やるねぇ!」と思ったのが「ルイ・ヴィトン」のトレーラーが自宅にやってくるサービスです。

> 「ルイ・ヴィトン」の“小型ショップ”が自宅にやってくる! ロサンゼルスでサービス開始

 日本では百貨店に外商がありますし、移動販売自体も新しくはないですが、今回の試みはトレーラーがショップになっていて、お店ごと自宅にやってくるというところがミソ。コロナ禍で移動も制限され、パリやほかの都市へのツアーにも招待もできず、来店すらも望めないのであれば、店が顧客の元へ行けばいいという発想--メンズコレクションを世界各地巡回しながらアップデートしていく形式で発表するという試みにも「へー、さすが!」と思いましたが、「ルイ・ヴィトン」流の顧客中心主義はなかなか筋金入りですね。

> 「LV」メンズはシーズンレスに アニメと一緒の世界巡業は上海の後、東京に!

 ラグジュアリーなサービスって、オンラインやバーチャルでできることはまだまだ限られていて、今のところリアルにはかなわないのではないでしょうか。富裕層にとって、“買い物はエンターテインメント”という人も少なくないでしょう。そういう意味でもこのモバイルショップは欲求を満たすだろうと思います。何しろ珍しい。

 密を防げるだけでなく、空間ごと運んでくることで、より質の高いサービスが可能でしょう。スペシャルな演出もいろいろできそうですし、これは定着するのではないでしょうか。

 “旅”がコンセプトのブランドが、コロナ禍によって“旅”に出ることに。発想の転換が軽やかですね。ちょっと面白いなと思いました。

VIEWS ON WWD U.S.:米「WWD」の翻訳記事から、注目すべきニュースの紹介や記事の面白さを解説するメールマガジン。「WWDジャパン」のライセンス元である米「WWD」は1910年から続くファッション業界専門紙。世界中のデザイナーや企業のトップと強く繋がっており、彼らの動向や考え、市場の動きをいち早く、詳しく業界で働く人々に届けています。

エディターズレターとは?
WWDジャパン」と「WWDビューティ」の編集者から、パーソナルなメッセージをあなたのメールボックスにダイレクトにお届けするメールマガジン。ファッションやビューティのみならず、テクノロジーやビジネス、グローバル、ダイバーシティなど、みなさまの興味に合わせて、現在7種類のテーマをお選びいただけます。届いたメールには直接返信をすることもできます。

最新号紹介

WWD JAPAN

2021-22年秋冬トレンド特大号 明るい未来に向けて心ときめく服を謳歌しよう

「WWDJAPAN」4月19日号は、2021-22年秋冬トレンドブックです。生活者の嗜好やニーズが細分化され、コロナがその流れに拍車をかける今、それでもデザイナーズブランドの新作をベースとしたトレンドをまとめるのは、半歩先の未来を見るデザイナーたちの視点に価値があるからです。コロナ禍でファッションに心地よさを求めた21年春夏からさらに歩みを進め、“ファッションで心踊らせたい” “オシャレを楽しみた…

詳細/購入はこちら